お金の総合サイト・マネーアイデアのご紹介

マネーアイデアの意義

初めて、投資や資産運用を行う方の意識。

  • どうして良いのか分からない
  • 確実に儲かるものならば投資したい
  • 株や投資信託は損する
  • 投資や資産運用は難しい

ほとんどの人がお金や金融商品について学校や職場で学ぶ事がありません。
お金や運用は、自分自身の独学で学ぶことになりますので、いつから学び始めるかによって持っている知識に大きな差があります。

お金について学ぼう

なぜそうなったのでしょうか?

お金についての知識を増やすために

お金を学ぶことはタブー!?

日本に限らず、世界的に「お金」や「商人」について学ぶことは良くないことだと考える社会はたくさんあります。
商は詐術・物を産み出さない・海賊や山賊同様の存在・利潤の問題などにより迫害された時代もありました。
ヴェニスの商人や士農工商の身分制度はそれを象徴しています。

今こそお金を学ぶとき!

ところが、資本主義社会が隆盛になったことで、「お金」の事を避けて通ることができなくなり、先進国においては低成長時代により、まじめに働くだけでは、上手くいかないことが増えています。

1.投資や資産運用が一部の人のものだけではなくなった
⇒しかし、知識や情報量が足りない。

2.専門家へ相談したい。
⇒金融機関の社員は結局、自社の商品を勧める

3.ファイナンシャルプランナー(金融専門家)や弁護士に相談
⇒お金の相談はなかなかし難い。お金の相談で相談料は払いたくない。

本サイトでは、金融商品全般を取り扱い、各社の商品比較や特性を徹底的に比較することでお客様の役立つサイト作りを目指します。

このページの先頭へ