直接金融は債券や株式でお金を出す。間接金融は銀行を通して貸す

銀行や証券会社の役割を話すときに出てくる言葉が直接金融と間接金融です。

この直接金融と間接金融の差を見てみましょう。

直接金融

直接金融はお金の貸し手(投資家)が、お金の借り手である企業などに直接、お金を出す金融取引です。

株や社債などの証券市場を利用した取引が直接金融にあたります。株を買うということは、その会社にお金を出資したことになります。

また、社債は、投資家が企業などに期間を決めてお金を貸すことになります。

お金の貸し手である投資家が直接、企業にお金を出すことから、株や社債など証券市場を利用した取引を直接金融といいます。

ただし、直接金融とはいえ、投資家と企業がじかに取引をすることは少なく、証券会社を通じて取引を行います。

直接金融

間接金融

間接金融は、お金の貸し手から金融機関がお金を預り、お金の借り手である企業などに貸す金融取引です。

銀行などの金融機関からの借り入れ(融資)が、間接金融にあたります。

つまり、お金を持っている人が銀行に預金を行うと、銀行はその預金をお金が必要な人に貸して利益(利ザヤ)を得ます。預金は、銀行が自己判断で投資先や融資先を決めます。

貸し手と借り手の間に銀行などの金融機関を挟むことから間接金融といいます。

証券市場

直接金融と間接金融の使い分け

株式を公開しており、業績が好調な優良企業の場合には株式や社債の形で、お金を調達する直接金融の方がコスト安になります。

中小企業や個人事業主の場合は、株式や社債の発行を行えませんので、金融機関を使った間接金融でお金を借りることになります。

このページの先頭へ