ファイナンシャルプランナー(FP)とは? お金の専門家

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナーは、個人顧客の資産や生活など「ライフプラン(生活設計)」についての相談を受けて、資金計画や生活の見直し・アドバイスを行う職業です。略してFPといいます。 金融機関やネット上のお金の相談で目にすることも多いことでしょう。

資格としても人気が高くなっています。

FPの国家資格

「ファイナンシャル・プランニング技能士」が1級~3級まで取得できます。1級の方が上級の資格です。

FPの民間資格

日本FP協会によるAFP・CFPの二つの資格があります。CFPの方が上級の資格です。


FPの具体的な業務内容

FPの具体的な業務はお金が絡んだ内容が中心となります。

・人生の三大資金といわれる(教育費・住宅費・老後資金)をどう準備すれば良いのか?

生命保険など保険の見直し

・家計のチェックや無駄使いのスリム化

資産運用の相談

税金や相続に関する相談

ただし、税金や相続・不動産などの分野は、税理士・行政書士などいわゆる士業と重なることから、専門分野についてはFPではなく専門業の方に任せることになります。

FPは相談役

お金の能力向上のためのFP

金融機関などの企業内で社員の能力向上の一環や、金融機関・FP専門職以外でも自分のお金の知識を増やそうとFPの資格を取る例が増えています。

ただし、企業内FPの場合には、自社の金融商品を販売することが中心となるため、本来は中立となるべきFPの倫理にそぐわない例があります。

FPの必要性

FPが先進国で普及した背景には、3つの理由があります。

1. 個人の金融資産の増加

2. 金融自由化

3. 高齢化社会の進展

特に米国・欧州などでは、貧富の差が大きく、資産家層は、何億円・何十億円の資産を保有しています。その場合には、FPにお金を払ってでも自分の資産を守りたい・有利に運用したいといったニーズが生まれます。

高齢化社会の到来で老後不安が増してきていること・選べる金融商品が増えたことで、専門家の力が必要になってきたのです。

FPに対しての勘違い

FPを資産運用の専門家として、預けた資産を増やしてくれる・確実に儲かる方法を教えてくれると勘違いしてはいけません。

FPの役割は、プランを作る・資産運用や生命保険の商品性や基礎をアドバイスすることにあります。

資産運用の分野に関しては、FPにもよりますが教科書的な回答となることがありますので、資産運用のアドバイスについては、慎重にご判断ください。

世界経済が悪化している環境で、下記のアドバイスなどは教科書的な内容です。

株式に投資すれば平均して5%程度の利回りが得られますので、預金5割、債券2割、株式3割に資産が分割しましょうなどというアドバイスなど。

FPに必要な知識や倫理を次にご紹介します。

このページの先頭へ