ワイン投資ファンドのヴァンネットがついに破綻:36億7372万円が未償還

ワイン投資ファンドのヴァンネット社が、3月7日に自己破産を申請することが帝国データバンクで発表されました。代表は高橋淳氏、本社は栃木県宇都宮市。

高級ワインを買い付けて、値上がり益を期待するビジネスモデルで多くの投資家を集めていたファンド。ワインに投資するというおしゃれ感・スペシャリティ感で人気。お金の運用先に困るゼロ金利が長く続く中でマネー誌や専門家が取り上げることも多かったファンドです。

ワインを楽しむ

ヴァンネットは2000年7月の設立。フランス産の高級ワインなどを買い付けて保管すれば、将来の値上がりで利益が得られるとの触れ込みで、01年4月から14年6月までに計25のワイン投資ファンドを組成。延べ1989人の投資家から約77億4600万円の出資金を集めた。 しかし15年12月、高橋淳代表がワインの買い付けや売却に関し虚偽の報告をしていた事実が判明。財務省関東財務局から第二種金融商品取引業の登録取り消し処分と業務改善命令を受けた。ヤフーニュースヴァンネットが破産手続き=負債40億円、ワイン投資ファンド―帝国データ

ワイン投資ファンドのヴァンネット:破綻前に登録取り消し処分

2015年12月25日には、関東財務局から業務改善命令を受けています。結局、まともに利益が出ておらず、新たにファンドを作っては旧ファンドの償還支払いに応じていたという自転車操業でした。


〇不正又は著しく不当な行為を行っている状況
当社は、欧州等において将来値上がりが期待されるワインを買付け、当該ワインの売却益の一部を配当することを内容とする権利(以下「ファンド」という。)の取得勧誘を行っている。
当社から提出された報告書等によると、当社は、これまで複数のファンドの取得勧誘を行っているが、過去に償還を迎えたファンドにおいては、別のファンドの資金を流用することにより、実際の運用実績とは異なる高い運用利回りで償還金等を支払っていた。さらに当社は、こうした状況を認識しながら、新たなファンドの取得勧誘を行っていた

関東財務局

まだ、ヴァンネット社のウェブサイトは生きている模様。オルタナティブ(代替)投資の一貫として新たな資産運用を提唱していました。

日本で唯一のワインファンド運用会社として15年目を迎え、ボルドーの銘醸ワインのバイイング・パワーと共に、ファンド運用ノウハウの蓄積も図ってまいりました。また、皆さまのご期待に添うべく、激変する為替相場に負けぬ運用成果を挙げてもまいりました。株式会社ヴァンネット 代表取締役社長 高 橋 淳

ワインファンドは、瓶詰め前のプリムール段階での買い付け・流通しているワインを安く購入して価格上昇を見て売却。5年から10年かけて価格上昇を待つスタイル。

確かにワインは毎年生産されるものとはいっても、当年度産は限りが有ります。そのため、良い品質のワインが生産できた希少な年度については高値が付くこともあるでしょう。

3月末に運用中の13ファンドの年平均総合利回り(円換算利回り)は17.2%。元本割れしているものは1本もなく、1ユーロ当たり35円もの為替差損を抱える’08年のファンドでさえも、累計ベースで2ケタのプラスをキープ中だ。SPAワインファンドを利用せよ

2013年にはワインファンドの運用利回りは平均17.2%で元本割れは一本もなし。この時期はプラスだったのかそれとも最初からずっと自転車操業だったのか。

実は日本だけでなく海外でも破綻しており、2015年には英国で6本が破綻。米ファンド「ワイン・トラスト」の共同運用者、ブライアン・モタ氏は資金回収方法に重点を置くこと、プライベート・エクイティ(未公開)ファンドの形式で長期運用方針を奨める。ワイン・トラストにあずけているお金は8年間は償還されないためワインファンドとして長期投資が出来る。

ワイン投資ファンドは昨年、英国だけで6本余りが破綻した。これほど多くのワインファンドの閉鎖が相次いだのはなぜだろうか。「大半のファンドの破綻は、構造と戦略が誤っている上、投資のエグジット(資金回収)方法に重点が置かれていないことが原因だ」ブルームバーグワインファンドの破綻相次ぐ

確かに中国人投資家や富豪が、ワインを買い漁った時期もありました。でもブームが終われば、バブルで上昇した価格は下がるだけ。ボルドーの最高級銘柄五大シャトー銘柄のお値段なども凄そう。ボルドー5大シャトー。シャトー・マルゴーやシャトー・ラフィット・ロスシルドは日本でも有名。

世界最大規模のワイン見本市「Vinexpo」の調査によると、2013年における中国での赤ワイン消費量は1億5500万ケースに達し、世界第1位となりました。ちなみに2位はフランスで1億5000万ケース、3位はイタリアで1億4000万ケース、4位は米国、5位はドイツとなっています。中国の消費量が世界一に

ワインの出来はブドウ次第

また、ある年度のワインが凄く美味しいと評判を得ても、翌年のワインがさらに素晴らしいとなれば、前年のワイン価格は下がることが予想できますね。ワインファンドが購入したワインに対しては、世界中の貴族・富豪達がそっぽを向いてしまうというリスクもありそうです。購入ワインを開示しなくてもなんとなく生産地やワイン商達の間で話題に出そう。

ちなみに、現在、世界一高いとされているワインは、RICHEBOURG(リシュブール)、フランスのブルゴーニュ産です。世界一高いワインランキング

リシュブールの一本あたりの価格は、平均:15195ドル(約171万円)、最高値:23941ドル(約270万円):米ドル/円113円で計算

個人の趣味で誕生年・縁起のいい年・美味しいワインを探すのは良くてもファンドとして大量に購入するというのは為替変動リスクもありますし難しそうに感じます。

当たり年ワイン早見表:当たり年や生まれ年を個人や仲間で楽しむ方がいいですね!

残念ながら破綻までの流れとしては安愚楽牧場と同じような形でした。内藤忍さんも一押しだったワイン投資。著名人を使ってマネー雑誌や書籍を発行すると言うのは良くあるパターン。

このページの先頭へ