スポーツとお金の関係についての本

競技としてのスポーツは、とても面白く楽しいものです。一方、スポーツとお金の関係について注目した本の数はそんなに多くありません。

しかし、サッカー選手や野球選手の高額年棒や移籍金や経営問題など、お金がなくてはスポーツビジネスの運営は行えず、経営破たんしてしまいます。クラブチームの経営破たんは、日本でもオリックスと近鉄の合併(野球)・大分トリニータ(サッカー)、海外では、スコットランドのレンジャーズ(サッカー)などたくさん例があります。

スポーツをお金やビジネスの面から見た本は、意外と名著が多いのです。マネーアイデアでは、そんなスポーツとお金の面から見据えた本をご紹介いたします。

スポーツとお金関係の本


野球とお金の本

まず、野球とお金に関係した本をご紹介いたします。

マネーボールとビリービーン

まずは、なんといっても「マネーボール」です。ブラッド・ピット主演で映画にもなりました。

アメリカのオークランド・アスレチックスのGMに就任したビリー・ビーンが、セイバーメトリクスというデータ重視のチーム編成を行い貧乏球団を強豪チームに育て上げた経過と手法を公開しています。今では、日米ともに、セイバーメトリクスを取り入れてチーム編成を行っています。

少し例を挙げると、打率や防御率など過大評価されているデータと出塁率など過少評価されているデータがあるのでそれを利用しよう

A:打率300、出塁率350の打者:年棒1億円
B:打率275、出塁率370の打者:年棒5千万円

従来は、AとBの2人を比較すると、Aの打者の方が打率が高いため好打者と評価されます。実際、年棒も高くなります。セイバーメトリクスではアウトにならないことを重視しますので、出塁率の高いBを高く評価するのです。年棒も安くて済みますので、お金のない球団が強豪チームを作るには、Bの打者の方を獲得した方が有利です。

これが、セイバーメトリクスの例で、メジャーリーガーの中では、「ケビン・ユーキリス」という選手が出塁率の高さからセイバーメトリクスの申し子と呼ばれます。

映画:マネーボールの予告編

マネーボールの映画と本

マネーボール [DVD]

新品価格
¥1,282から
(2012/10/12 12:41時点)


マネー・ボール (RHブックス・プラス)

新品価格
¥798から
(2012/10/12 12:43時点)


巨魁:清武英利氏

読売新聞のドン「渡邉恒雄」に喧嘩を売った読売巨人軍の代表が「清武英利氏」です。この本では、なぜ、清武英利が、ドンに抵抗したのかの背景がきれいに描かれています。

清武氏の記者会見の模様動画

 

同時に清武氏が行おうとした巨人の改革の内容が描かれており、そこの部分は、「上記のマネーボール」に学んだところが大きく面白く読むことができます。

なぜ、ハンカチ王子斉藤祐樹を獲得しなかったのか?坂本を獲得した理由は?今年、リーグ優勝を成し遂げた巨人の主力は、清武氏がまいた種が実ったともいえるのではないでしょうか?

清武英利氏の行動は、決してムダやドン・キホーテではなかったと思います。

巨魁

新品価格
¥1,600から
(2012/10/12 13:09時点)

このページの先頭へ