「個人の税金」の記事一覧(2 / 2ページ)

金融商品とかかる税金

金融商品で利益を得ると税金がかかります。せっかく利益を出しても税金次第で手にすることができる金額が変わってきますので、主な金融商品に対しての税金の知識を身に付けましょう。

1. 割引債

特定の割引債の償還差益は、割引債を発行するときに原則として18%の税率による源泉分離課税が適用されます。そのため、源泉徴収だけで課税関係が終了します。
対象になる割引債とは、割引の方法により発行される公社債で次の(1)~(3)に該当するものです。


預金の利息に対しての税金は20%を源泉徴収

預金の利息に対しての税金です。

1.源泉分離課税

預貯金などの利子所得は、他の所得と分離して計算される分離課税方式で所得税を計算します。

利子等は、金融機関から受け取る際に所得税15%と住民税5%の合計20%を天引きします

⇒これを源泉徴収と呼びます。

利子所得への課税はこれで終了しますので、確定申告を行う必要はありません。

利子所得の種類

・公社債の利子

・預貯金の利子

・合同運用信託の収益の分配金

・公社債投資信託の収益の分配金


このページの先頭へ