「初めての方へ」の記事一覧(2 / 3ページ)

預けたお金を新規顧客に配当:安愚楽牧場

利回り●%と、定期預金よりはるかに高い配当をセールストークにした金融詐欺事件は後をたちません。

最近も、安愚楽牧場やAIJ投資顧問など、多くの事件がありました。

安愚楽牧場の例

管財人が過去20年間に出資者から集めた約3700億円の使途を調べたところ、約2000億円(54%)が配当金としてオーナーに戻され、残りの約1700億円も畜産事業の赤字補填(ほてん)などに使われていたことが分かった。全体の収支は76億円の赤字という。出典:毎日jp

安愚楽牧場では、出資者から集めたお金の54%を配当に回していたとのことです。出資者から預かったお金で子牛を買い育成して育てて売る。

このビジネスモデルがまったく成り立っていなかったことがわかります。

安愚楽牧場の宣伝

安愚楽牧場の宣伝

この2011年の宣伝を見ると、100万円の出資金で一年間に3.8万円もらえます。つまり年利3.8%です。このご時世に美味しいですね。


ファイナンシャルプランナー(FP)の知識と倫理

お金についてのアドバイザーとして人気のファイナンシャルプランナー(FP)がどのような知識を持ち、何を得意としているのか、分野が多いためかはっきりしないところがあります。

そこで、FPが学ぶ知識をご紹介いたします。

FPに求められる知識と倫理

「顧客の立場に立つこと」「顧客の利益の優先」「守秘義務の厳守」

FPは、顧客の資産状況や収入状況という重要な個人情報を知る立場にあります。詳細な個人情報がないと顧客一人一人に合わせたアドバイスなどできません。

また、自分自身の利益を優先して、顧客に合わない金融商品の推奨や業者紹介を行う事があっては、FP全体の信頼が無くなりますので、高い倫理が求められます。


ファイナンシャルプランナー(FP)とは? お金の専門家

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナーは、個人顧客の資産や生活など「ライフプラン(生活設計)」についての相談を受けて、資金計画や生活の見直し・アドバイスを行う職業です。略してFPといいます。 金融機関やネット上のお金の相談で目にすることも多いことでしょう。

資格としても人気が高くなっています。

FPの国家資格

「ファイナンシャル・プランニング技能士」が1級~3級まで取得できます。1級の方が上級の資格です。

FPの民間資格

日本FP協会によるAFP・CFPの二つの資格があります。CFPの方が上級の資格です。


インフレリスクを見るには名目金利と実質金利を見ること

インフレリスクと実質金利

インフレと金利をみていきましょう。金利には、「名目金利」と「実質金利」の二つがあります。

名目金利は普通の金利で、実質金利はインフレ率を引いた金利です。

物価上昇率(インフレ率)は、先進国で安定した国では、数%です。

実質金利=名目金利-インフレ率

名目金利とインフレ率が同じ3%の時に100万円を一年間預けると103万円ですが、物価上昇により物の値段も103万円に上がってしまい、実質的にはお金が増えたことになりません。

実質金利(0%)=名目金利(3%)-インフレ率(3%)


インフレは物の値段が上がりデフレは下がる

インフレとデフレ

【インフレ】とは、モノの値段が上がって、お金の価値が下がることです。

※一台の車が今日は100万円、1年後は120万円と値上がりしていく状態のことです。

逆にモノの値段が下がって、お金の価値が上がることを「デフレ」といいます。

消費者物価指数

消費者が購入する品物には様々なものがあります。そこで共通の指数で物価を見る統計があります。

インフレ(物価高)とデフレ(物価安)を判断する指標が消費者物価指数(CPI)です。
消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。


需要と供給で価格が決まる需給バランス

「需要」と「供給」で価格は決まります。

需要と供給のバランス

ものやサービスの価格は、買いたい人と売りたい人の需要と供給のバランスで決まります。

●需要は、「商品を買いたい・欲しい」=買い手

●供給は、「商品を生産し販売する」=売り手

市場(マーケット)では、常に「売り手」と「買い手」がいます。


お金の市場(マーケット)とそのメカニズム

お金の市場とは

株式・投資信託・債券・商品・不動産・外国為替などの金融商品は市場(マーケット)で取引されます。

市場は魚市場や卸売市場と似ており、買い手と売り手の間で金融商品が売買されます。

主なお金の市場

証券市場・・・株式、ETF(上場型投資信託)、REIT(不動産証券化商品)など

外国為替市場・・・世界各国の通貨

商品先物市場・・・金・原油・大豆・コーヒーといった商品(コモディティ)

債券市場・・・国債や社債といった債券

不動産市場・・・土地や建物といった不動産


このページの先頭へ