「投資のトラブル」の記事一覧

JR九州の特別な預金制度で運用する。実在の元監査役が、だまし取った詐欺事件

本当に、JR九州のもと社員だった男が誘った特別な預金制度。これは、なかなか厄介なトラブル。

JR九州が運用するとの名目で、現金を騙しとった男の詐欺話

■年利「10%」の高金利をうたった証書も

 複数の被害者によると、被告は実在していたJR九州の旅行積立制度「ジョイプラン」を悪用。配当にあたる旅行券を現金で支給できるとうそをいい、出資を募った。実際に返済されたケースもあった。その後、「役員だけの高金利の預金プラン」をうたい、「ジョイプラン・プレミアム」へと手口を変えていく。年利は預金額などで異なるが、10%と書かれた「証書」もある。

グループ会社のJR博多シティで監査役を務めていた肩書も効いた。「書類などを受け取る時も必ずJRの封筒が使われていた。個人の投資話ではなく、JRの商品として信じてしまった」。男性は振り返る。

JR九州の元社員、「徳田哲也容疑者」は、お金を預けたいと言うから預かったと容疑を否認。被害総額は、数億円にのぼると見られています。南日本新聞

その金利は、年利10%・5.7%・3%などと様々。一般的なマネー詐欺に比べて、控えめな利率であることも、被害拡大に一役買ったのかもしれません。

JR九州という堅実かつ老舗の会社。民間とはいえ倒産のリスクも少ない。

実際に、徳田哲也容疑者は、JR九州の社員だったため、肩書・パンフレットなどの備品も揃っていた。このように、人を信用させる道具立てが揃っていたと言えるでしょう。

JRグループが社員だけで運用する特別な預金がある。利率は3%と言われれば、銀行預金よりお得だとばかりに預ける人がいても不思議ではありません。もちろん、これは、ダメな話ですが、被害者の方には同情しかない事件です。

「JR博多シティ」を運営する株式会社JR博多シティの監査役にも徳田哲也氏は就いています。

監査役 徳田哲也:ふくおか経済Web

社会的な信用・資産・収入があったはずなのに、何が目的でこんな事をしたのでしょうか。この事件で、彼の社会的信用はなくなりました。普通は、社会的信用や名誉欲・モラルなどが歯止めになるはず。

徳田容疑者は「お金を預けたいと言ってきたから預かったまでだ」と、容疑を否認しています。徳田容疑者はこれまでに、2人から合計約4000万円をだまし取った疑いで逮捕・起訴されています。警察によりますと、徳田容疑者が関わった疑いがある詐欺の被害相談が約30人からあり、被害総額は6億円を超えるとみられています。特別な預金プラン

いくら肩書が素晴らしくても、すべてを信じてはいけない。口で言うのは簡単。

若い頃から詐欺を働いていたような詐欺師は、話が荒唐無稽だったり、そんな無茶なという高金利を提示したりと分かり易い人が多い。

それに対し、この徳田容疑者は、ある程度、常識的な線を攻めているのがいやらしいところです。


お笑いコンビのTKO。木本武宏氏が、推定7億円の投資トラブル発覚で引退の危機!

お笑いコンビのTKO。木本武宏氏が、投資トラブルで、芸能界を震撼させています。芸能人仲間などから推定7億円を集めたものの返済不能。

2022年7月23日付けで所属の松竹芸能を退社することになりました。

本人が、運用しているわけではなく、知り合いにあずけて運用してもらっていたようですが・・・

運用をしていたとされる男性からは、すぐには返金できない旨の連絡が届いているということで、芸人を中心に、預けたお金が戻ってこないんじゃないかとの話になっています。

対象となった金融商品は、FXやGST

FX:外国為替証拠金取引。為替を売買して差益を得る

STEPNのGST(仮想通貨):歩くことで仮想通貨をもらえてお金を稼げるゲーム。

STEPNは、NFTスニーカーを用いてプレイするゲームであり、Solana(ソラナ)ブロックチェーン上に構築されたゲームです。

Solana(ソラナ)ブロックチェーンの特徴としては、イーサリアム上のブロックチェーンに比べて、ガス代(手数料)が安いのが特徴であり、現在多くのNFTゲームがSolanaブロックチェーン上でゲームを展開しています。

STEPNをプレイするために必要なNFTスニーカーは、Solanaブロックチェーン上のネイティブトークンSOL(ソル)を使って購入します。STPENとは

歩くとお金を稼げる=運動&健康&お金儲けといういい事づくしのことから、一時は、このゲームがブームになり、NFTスニーカーが高値で取引されることもありました。

TKOの木本さんもSTEPNブームの時は、少々、儲かったのではないでしょうか。しかし、残念ながらSTEPNブームも落ち着き。

FXや不動産の運用を任せていた男性も運用に失敗したのか返金不可能との連絡があったようで、どうしようもなくなったのでしょう。

残念ながら、投資は元本保証ではありません。そして、例え、儲かっていなくても、新しいお金が入ってくれば、儲かっているように見せかけることができます(ポンジ・スキーム)。

TKOの木本さんの案件もそうだった可能性が高いと思います。

金融商品取引法や免許など法的な問題も、これから出てきそうです。

2017年の記事ですが、ビットコインを買っているとの話も。

所属事務所の担当者は、木本さんと運用者との関係について、以下のように説明しています。

また、木本さんの「出資」についての関わり方については「お金を取りまとめてはいません。(木本さんが出資者に)A氏を紹介しました」としました。

一方、木本さん自身が、A氏とのやりとりで金銭的な被害があるのかとの質問には「木本自身も出資しており、最終的には金銭被害があります。当初はリターンがありましたが、昨年末あたりから滞り、連絡のつかない状況が続きました。」と、こたえました。ヤフー


ソニー生命で170億円を横領した石井伶容疑者は、ビットコインで爆益を計上する皮肉な結果に

ソニー生命で、170億円を横領した事件。石井伶容疑者は、横領したお金をビットコインに換金。なんと、50億円の利益が生じました。

ビットコインの上昇&円安のおかげで、横領されたのに儲かるという皮肉な結果。

170億円を横領した石井伶容疑者の動機

石井伶容疑者が、横領した動機は、悠々自適の生活を送りたかったから。170億円もあれば、悠々自適は十分可能でしょうね。十分の一くらいだったらバレなかったかも・・・。生命保険会社は、お客様の大事なお金を預かるので、しっかりしてほしいものです。

石井容疑者。年齢も32歳ということですから、おそらく実務担当者。上司が、単なる承認男になるなか、実務に詳しい彼が、行う作業の把握が甘かったのでしょうね。

2021年12月21日に、米国で発覚。ソニー生命に返金されています。

【12月21日 AFP】米司法省は21日、ソニー生命保険(Sony Life Insurance)の子会社から1億5400万ドル(約175億円)以上が日本人社員によって盗まれ、暗号資産(仮想通貨)ビットコインに交換されていたとされる事件で、同社への返金手続きを取ったと発表した。AFP

ビットコインの長期チャート

大事な点として、ビットコインは、必ず儲かるわけではありません。最近は、金融市場全体のリスクオフ的な動きを受けて下落基調。そこからの切り返しが起きている状態です。

ビットコインをはじめ暗号資産は、値動きが大きいので、換金のタイミング次第で、大きな損失が出ていたK農政もあります。

ただ、没収されたお金は、金融犯罪に詳しい弁護士法人アドバンスの正畠大生弁護士いわく国庫に入り、犯罪防止対策に使われるとのこと。

「被害金が海外で没収された場合、日本に移譲されるかがポイント。今回はFBIが没収したということなので、日米ともに批准している国際組織犯罪防止条約に基づいて、全額日本に移譲されることになる。日本国内では被害金額170億円が国からソニー生命に支払われることになるが、運用によって増えていた30億円以上の金は国庫に入り、基本的に犯罪抑止の対策費用に使われる」

こういった知能犯罪を防ぐために、犯人を使う方法があります。悪の手口は、犯罪者自身がよく知っているというやつですね。

まあ、今回の事件を受けて、犯罪防止策を検討して欲しいものです。単純に規則を増やせばいいというものではありませんしね!


宮古島マンゴーが1万個=1億円相当が余る事件。赤字処分どころかボッタクリなのではと膨らむ疑惑

宮古島マンゴーは、品質の良さと美味しさで有名。もちろん、購入する場合、かなりの高値。生産量も宮崎よりも多いとのこと。

そんな宮古島マンゴーの販売において、とある事件が発生しているとの情報をキャッチしました。

1万個余ったという宮古島マンゴー農家のぐだぐだな設定

これが、本当だったら、世間の善意につけ込んだ悪質な商法。

  • 宮古島のマンゴー農家を引き継ぐ
  • お客様情報は引き継ぎなしでゼロスタート
  • 1万個のマンゴーが余ったので赤字覚悟で販売
  • LINEで告知し販売

宮古島マンゴーが1万個も余った事件の疑問点




●その1:1万個も作る規模のマンゴー農家を引き継いだのに、顧客引き継ぎ無し。

いやいや、単価2,000円で計算しても2,000円×1万個で1.2億円。これだけのお金が動く事業で、生産設備だけ譲り受けて顧客網ゼロはありえません。仮に、そういう話があったとしたら、作る前に販路を確保するでしょう。

単純に計算しても1億円規模のビジネスですからね。これだけで、もう話にならないレベルと判断できます。

宮古島マンゴーの相場は、以下の通り。販売価格は、1個数千円です。

【贈答用マンゴーの値段の相場】
「アーウィン」2kg(5~7玉)
6,000円~12000円

「キーツ」2kg(2~3玉)
6,000円~12000円

【ばら売りマンゴーの値段の相場】
「アーウィン」1玉
1,000円~1,500円

【訳ありマンゴーの値段の相場】
「アーウィン」1玉
500円~

宮古島移住便り:マンゴーの値段

●その2:誘導がおそまつ

なんと、このご時世に、マンゴーはフリー素材。そして、まともなサイトも無し。何度も言いますが、1万個のマンゴー、一億円規模のビジネスです。通販できるように、ウェブサイトを作ってから、生産を開始するでしょう。なのに、肝心なマンゴーがフリー素材。

●その3:赤字覚悟なはずが、1個4,000円で販売。

宮古島マンゴー。確かに最高級だと1個4,000円でもおかしくありません。しかしですよ。。。本来は、廃棄処分せざるを得ない処分品のはず。ならば、相場よりもだいぶ安いお値段になるのが普通だと思います。

なのに、強気の4,000円。これ・・・普通に販売しているだけ。そこに、人の善意を利用しているだけ。

 

 


この宮古島マンゴー事件。コンサルをしていたという「マンゴーボーイてんてんさん」が、善意の方に謝罪。もし、本当に、生産したマンゴーが余ったのなら・・・1万個という話は、本当とは思えませんが。

島の農協なり他のマンゴー農家に助けを求めるのが大事なこと。

こんなセールス手法を使っては、宮古島のマンゴー農家全体の信用を落とすことになりかねず。


このページの先頭へ