アベノミクスで日本経済復活を目指す危機突破内閣

自民党総裁、内閣総理大臣(2012年12月26日予定)の安倍晋三氏の経済政策です。「安倍+エコノミクス

安倍氏の基本方針や日銀へのプレッシャーは前の記事をご覧下さい。

アベノミクスの主な内容

・物価目標(インフレターゲット)を2パーセントに設定し、日銀法の改正も視野に入れて大胆な金融緩和を行う。
・財務省、日本銀行、および民間が参加する外債ファンドを創設し、外債購入の方策を検討する。
・緊急経済対策を断行し、補正予算と新年度予算を合わせて切れ目なく経済政策を実行する。
・「日本経済再生・産業競争力強化法」(仮称)を制定し製造業の復活を目指す。
・日本の立地競争力低下による産業の海外流出を防ぐため、イノベーション基盤の強化や法人税の引き下げなどを行う。
・メタンハイドレートやレアアース泥などの海洋資源の開発に集中投資する。

出典:はてなキーワード

民主党政権は、円高放置・環境や労働規制優先など、やや社会主義的な政策中心だったのに対して、安倍自民党政権は、金融緩和・円安・株高・公共投資などで景気回復を主眼とした政策を行うと発言しています。

自民党の政権公約「日本を取り戻す

アベノミクスの長所と課題(ロイター)

第二次安倍内閣は、「危機突破内閣」、閣僚の名前や動画は続きへ

第二次安倍内閣の閣僚

第96代首相の安倍晋三氏と第二次安倍内閣の閣僚

[首相]安倍晋三氏
[副総理・財務・金融相]麻生太郎氏
[総務相]新藤義孝氏
[法相]谷垣禎一氏
[外相]岸田文雄氏
[文科相]下村博文氏
[厚労相]田村憲久氏
[農水相]林芳正氏
[経産相]茂木敏充氏
[国交相]太田昭宏氏(公明党)
[環境相]石原伸晃氏
[防衛相]小野寺五典氏
[官房長官]菅義偉氏
[復興相]根本匠氏
[国家公安・拉致相]古屋圭司氏
[沖縄・北方相]山本一太氏
[少子化・消費者相]森まさこ氏
[行革相]稲田朋美氏
[経済再生相]甘利明氏

国土強靭化基本法案

10年間で総額200兆円をインフラ整備などに集中投資する政策です。2012年6月4日提出済み

国土強靭化法案(二階俊博事務所)

このページの先頭へ