ジェシー・リバモアとピボットポイント

大儲けと破産を繰り返した相場師がジェシー・リバモア。1877年~1940年の間、4度の破産を繰り返した後、ピストル自殺を遂げました。

株式相場および商品先物相場で活躍をし、1907年の金融崩壊危機時や1929年の大暴落などで大きな利益を上げています。暴落相場を得意とすることからグレートベア(弱気相場)との異名を持ちます。1907年の金融危機のときには、J.P.モルガンから金融支援の要請を受けています。

この株式の崩壊を表すために、「ブラックサーズデー」、続いて「ブラックフライデー」、「ブラックマンデー」および「ブラックチューズデー」の4つの段階が通常使われている。大暴落は1日の出来事ではなかったので、この4つの段階はすべて適切である。最初の暴落は1929年10月24日(木曜日)に起こったが、壊滅的な下落は28日(月曜日)と同29日(火曜日)に起こり、アメリカ合衆国と世界に広がる前例の無い、また長期にわたる経済不況の警鐘と始まりに急展開した。株価大暴落は1か月間続いた。出典:wiki

「あなたが、明日も株を売れば、株価は暴落して巨額の利益を得られるでしょう。しかし、リバモアさん、明日の売りを控えてもらえませんか。そうすれば、あなたは、アメリカの株式市場を救うという、より次元の高い名声を得られます。」 出典:相場師列伝7

ジェシー・リバモアの名言

・価格変動は単に過去の繰り返しであり銘柄により多少異なっても総体的な価格パターンは同じ

・投機というゲームは世界中で最も人々を魅了するゲーム

リバモア破産と大儲け

・時間的要因と株価変動を組み合わせる

・絶対に自分で記録をつけなければならない。他の人にその作業を委ねてはならない

・投機家が幸運にも元本を二倍にできたら、一刻も早く儲けの半分を蓄えに回すべきである=残念なことにリバモア自身がこの言葉を実行しきれなかったようです。

リバモアとピボットポイント

リバモアは、彼独自の売買手法により取引を行っています。

ピボットポイントに相場が達するとエントリー(新規取引)を行います。このピボットポイントは、現在、普通に使われているワイルダーによる「ピボットポイント」とは異なるリバモアのオリジナル手法で、このポイントを見つけてエントリーを行います。

リバモアの手法は、チャートを書くというより場帳(相場の帳面)を書く方法で、時代の差を感じます。

リバモア流投機術 (PanRolling Library)

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

新品価格
¥2,310から
(2012/12/13 20:34時点)

このページの先頭へ