世界で通用する新たな通貨になるのか?電子マネー【ビットコイン(Bitcoin)】の価格上昇

今は電子マネー時代です。ただし、政府(中央銀行)の裏付けのある日本円や米ドルが電子マネーとなるのとこの「ビットコイン」の持つ意味や価値は少し違います。

羊や貝がお金だった時代から貴金属貨幣の時代~そして紙幣の時代とお金の持つ意味は変わってきました。今、このビットコインの価値が上昇しています。

Bitcoin(ビットコイン)は2009年に作られた電子マネーで、国籍や国の保証・裏付けはありません。

ビットコインの価値を認めて支払う人と受け取る人がいて、お金として流通すれば存在価値が生じ、認める人が少なくなれば価値をなくします。

元々、中本哲史(サトシ・ナカモト)という人物による論文に基づいてつくられて交換サイトで交換できますし、このビットコインでの支払い(決済)を認めるサービスが増えていきそうな状況にあります。

ビットコイン=新たなデジタル通貨の説明動画

ビットコインを始めるには

ビットコインを手に入れる方法

1.交換所でドルや日本円など、通常の通貨を使って購入する方法

2.マイニングであらたなビットコインを採掘する

ビットコインは、専用ソフト「Bitcoin miner」を走らせることで新たなビットコインを発掘できるシステムをとっており、採掘作業はマイニングと呼ばれています。ビットコインシステムは、マイニングをする人(マイナー)のマシンパワーによって維持されており、その見返りとしてビットコインが与えられるという仕組みです。gigazineマイニングは競争、素人お断り

ビットコインの価格が上昇

面白いのは、米国の連邦政府が、麻薬などのヤミ取引の業者撲滅のため、それらの関与するサイトをシャットダウンすると、逆にビットコインの価格の騰勢に勢いがついている点です。これはビットコインがこれまでのアンダーグラウンドの怪しい通貨から、オーバーグラウンドに出てきて、一般の人々の市民権を獲得する結果を招いているからかも知れません。markethack

●対ドルチャート

価格が大きく上昇

知名度と価格が上昇しつつあります。これはバブルなのか着実な値上がりなのか?

なぜ、価格が上昇するのか?

・先進国は量的緩和でお金の供給量を増やしている=ドルや円・ユーロなどの価値が目減り

・ギリシャ・キプロスなどの金融危機で国が発行する通貨への信頼が薄れる

・中国やインドなど国の政治や経済体制が安定していない国が成長し、安定した価値を持つ物を求める

・グローバル、電子マネーの成長で世界共通通貨を欲するニーズ

中国、アフリカ、アジア、中南米など自国の通貨を信頼しにくい国に住んでいると他通貨が欲しくなりますね。しかもそういった国では米ドルなどの流通制限がかけられていることがあります。

キプロスでは、仮想通貨「ビットコイン」で授業料を払える大学が登場!【世界初キプロスニコシア大学

ビットコイン交換サイト:実際に交換できるサイト 世界最大の取引所が「MT.GOX」

ビットコインに関するチャートを表示しているサイト

5人の経済学者が考える未来

bitcoin:ウィキペディアによる紹介

価格や値動きのチャートを紹介しているサイト

2014年2月に東京の取引所「MT.GOX」がセキュリティの問題から取引所の一時停止を余儀なくされた後に、他取引所との価格差を突かれて停止しました。

野口悠紀雄氏のダイヤモンドに掲載された解説は分かりやすい。ビットコインがこれだけ大騒ぎされて普通に目に触れるようになったことから、電子マネーと電子コインが違うということを一般の人にも認識してもらう必要がありそうです。

Mt.Goxは、ビットコインの1両替所にすぎない。それが閉鎖されたからといって、ビットコインのシステムそのものに問題が生じたわけではない。ダイヤモンド

このページの先頭へ