テクるやピボるを利用可能な上田ハーローFXの新しいデモトレード

テクニカル分析をベースにしたトレードをしたいけど、完全自動のツールは不安だ。その時の相場状況に合わせて取引したいというニーズをお持ちの方に人気のあるツールが、上田ハーローFXの「テクる」とピボる」です。

トレードサポートツールとして【お勧めのテクるやピボるを仮想のお金で利用できる新デモトレード】が2013年8月19日にリリースされました。

●仮想資金300万円を元手に1か月間利用できます。

新しいデモトレード

※デモで利用できない主な機能は、「UHチャート」と「MATT売買シグナル」

テクニカル分析派としては、チャートは、統計データや投資家心理・需給バランスなど全てを織り込むというのが基本的な考え方です。とはいえ、例えば、雇用統計の数字、市場が注目する統計や要人発言などの結果を相場が「事前に完全に」織り込んでいるとは思いません。

当然、ノイズや投資家の期待外れ、その場の雰囲気などの要素が絡まり合います。

統計の数字が良いか悪いかを予測して取引したい・テクニカル分析とファンダメンタル分析の両方を活用して予測を立てたい方もいらっしゃると思います。

私もテクニカル分析一本より、ファンダメンタル・要人発言や金融政策の行方などを総合的に判断する方が好きです。

新デモトレードで「テクるとピボる」を利用可能

その点、「テクる」や「ピボる」は、完全に自動売買をシステムが行うのではなく、テクニカル分析の一つ「ピボットポイント」を利用してワンタッチで取引できるように売買ポイントをシステムが計算してくれます。

テクるとピボる

オリジナルのイメージキャラクターがご案内

今までは、デモトレードでこの二つの機能を利用できなかったため、検証ができずにいきなり実戦でトレードすることになりました。

新たにリリースされた仮想取引で試すことで、どのようなタイミングで売買すればいいのか、様々な方法をテストすることができます。

いきなり実戦で試すより1か月間じっくりと操作方法を覚えて、自分なりの売買ルールやタイミングを確立した上でスタートした方が、利益につながる可能性が高くなるはず!

●テクるはチャートを見ながら発注可能

テクるの基本画面

●ピボるでワンタッチ発注

ワンタッチ発注

元々、一回だけ取引して終わりのツールではなく、長期間にわたりFXトレーダーとして生き残ることを目指して開発されたシステムです。

1.何回も取引を行うことでトータルの損益をプラスにする。

2.ストップとリミットをしっかりと置くことでリスク管理を行う

開発元の上田ハーローFXは、短期的な利益追求より長く投資家に続けて貰いたいとの気持ちを込めたと開発時に話しています。

◆デモトレードのお申込みは公式サイトから行ってください。◆

さらに、スマートフォン・タブレットにおいてもデモトレードシステムを利用できると発表されていますので、スマートフォンやタブレットでの使い勝手もチェックできますね!

クイック入金にジャパンネット銀行を追加

同時に、簡単かつ振込手数料無料の入金システムの「クイック入金」提携先金融機関にジャパンネット銀行が追加されています。

クイック入金をご利用いただける金融機関が8行に増えました。主なネットバンクにはほぼ対応していますので、入金時の利便性が向上です。
(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行、住信SBI銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行)

このページの先頭へ