「医療保険は病気や怪我に対応」の記事一覧

健康保険が手厚い日本で米国のように【がん保険】は必要なのか?

日本人の死因第一位は「がん(癌)」という程にがんは身近な病気になりました。それゆえに生命保険会社もがん保険の開発と営業に尽力しています。では、本当に必要なのでしょうか。

最も若くしてかかる確率は低く、日本人の2人に1人はがんになるという字面程に恐れを感じる必要はありません。医療の進歩や生活水準の向上で、他の原因で死ぬ確率が減ったことも大きな原因ですから

健康保険制度を活用して自己負担を減らす

がんは、絶対確実に治す方法がなく再発するリスクも高いことから怖い病気の代名詞として扱われています。ただし、かかる人が多い分、研究も進んでいる上に、日本は手厚い健康保険があることからお金の面については公的保険でカバーされる部分が多いことも知っておいてください。

特に高額療養費制度が適用されることで自身の負担金は収入により違うものの月額約8万円以下に抑えることができます。

がん保険の基本的な内容

保険金支払の例。

  • 初めてがんと診断されたら一時金:初回のみ100万円
  • がんで入院を開始したら:一回につき50万円
  • がんで先進医療を受けたら:通算限度額2,000万円
  • 通院で:1万円

オリックス保険のがん保険(ビリーブ)を例にすると月額数千円の保険料を支払うことで上記のような保障が付いています。


東京海上日動のメディカルキットRはお金が返ってくる医療保険

東京海上日動あんしん生命保険の新しい医療保険「メディカルキットR」が2013年1月22日から発売されます。

万一のためにお金を支払う保険ですが、デフレ・収入減少の中、掛け捨ての保険は払いたくない・保険料がもったいないと「保険の見直し」が増えています。

東京海上日動の医療保険「メディカルキットR」は、「支払った保険金から受け取った入院・手術給付金を差し引いた金額=健康還付給付金」を受け取れる医療保険です。

メディカルキットRの特徴

1.70歳までの保険料が返ってくる

・70歳までに入院給付金など、保険金の受取がない場合は、払い込んだ保険料が全額返金。
・70歳までに保険金の受け取りがあった場合は、支払額-受取額の差額を返金。


このページの先頭へ