団体信用生命保険とは?住宅購入時にローンの借主が死亡したときには残高を支払ってくれる

団体信用生命保険(団信)は、住宅ローンに付随する生命保険です。

住宅ローンは、高額・長期の返済になることから、返済途中でローンの借主が死亡もしくは高度障害になったときに、生命保険会社が住宅ローン残高を支払ってくれる保険です。

金融機関が、まとめて生命保険会社に申し込むため、保険料が安く、加入時の年齢による保険料の差もありません。

家を購入する場合には、何千万円のローンを組みますので、ローンの借主に万一の事があると返済不能になる可能性が高くなります。

団信に加入することで、住宅購入する方も融資する金融機関も安心して住宅購入を行えるのです。

家を購入するタイミングは、生命保険を見直す時期でもありますね。

民間金融機関は、融資の条件に団信加入

多くの民間金融機関では、団信加入を住宅ローン借入れの条件としています。 この場合には、保険料は銀行負担となり、購入者が支払う必要はありません。(ローンに含まれているということです。)

一方、団信の審査に落ちると住宅ローンの借り入れができないということになります。

団体信用保険の審査

団信も生命保険の一つですので、生命保険の時と同じような審査が行われます。 審査基準は、非公開ですが一般の生命保険よりは、緩やかと言われています。

過去や現在の病歴など健康状態によって判断を行われます。

団信の審査

フラット35と団信

一部の民間金融機関とフラット35では、 団体信用生命保険 への加入が任意となっています。

フラット35は元々、政府系金融機関の住宅金融公庫が扱っていた融資であり、団信の審査に通らない方の救済も任務の一つだったことの名残として任意扱いとなっています。

フラット35では、独自の住宅金融機構団信制度がありそちらに加入することになります。

夫婦で団信(デュエット)

夫婦連帯債務でローンを借りている場合は、二人で加入できる「デュエット」があります。夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または高度障害状態になった場合には、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残債務が全額弁済されるというものです。

団信夫婦で加入

団信の三大疾病特約

通常の機構団体信用生命保険に加えて、三大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)が原因で一定の要件に該当した場合も保障される団体信用生命保険です。

もちろん、保険料は基本契約よりも高くなります。

フラット35団信の特約料(保険料)

特約料(保険料)は、住宅ローンの返済とは別に年に一度支払います。

【借入金額1,000万円(元利均等返済)当たりの1年目特約料】

<改定前:28,100円> → <改定後:35,800円>

※夫婦連帯債務でローンを利用し、お二人とも機構団信制度に加入する場合

<現行:43,600円> → <改定後:55,700円>

特約料支払額シミュレーション

団信と生命保険

日本人の生命保険加入率は非常に高く、20代以上の80%以上が加入していると言われています。同時に掛けている保険料が高すぎて保険料の見直しを行う家庭が、この十年のデフレ進行とともに増えています。

万一の場合の対策として掛ける保険ですが、団信に加入していれば死亡時の住宅ローンの返済義務はなくなりますし、日本の公的医療保険などの社会保険は、充実した制度になっています。

病気になった時に心強い高額療養費制度や死亡時の遺族年金などについても知り生命保険や住宅ローンの検討に生かしましょう。

このページの先頭へ