東京海上日動のメディカルキットRはお金が返ってくる医療保険

東京海上日動あんしん生命保険の新しい医療保険「メディカルキットR」が2013年1月22日から発売されます。

万一のためにお金を支払う保険ですが、デフレ・収入減少の中、掛け捨ての保険は払いたくない・保険料がもったいないと「保険の見直し」が増えています。

東京海上日動の医療保険「メディカルキットR」は、「支払った保険金から受け取った入院・手術給付金を差し引いた金額=健康還付給付金」を受け取れる医療保険です。

メディカルキットRの特徴

1.70歳までの保険料が返ってくる

・70歳までに入院給付金など、保険金の受取がない場合は、払い込んだ保険料が全額返金。
・70歳までに保険金の受け取りがあった場合は、支払額-受取額の差額を返金。

2.生涯の医療保障も可能

・70歳で健康給付還付金を受け取った後も保険を継続できる。
・加入時と同じ保険料で継続可能。
・終身、保険料の支払いは必要

3.その他のポイント

・契約年齢は、0歳以上50歳以下
・70歳以前の解約や死亡時の返戻金は低め
・70歳以降の保険料は戻ってこない
・掛け捨て型保険に比べると保険料は高め

メディカルキットRの保険料例

メディカルキットRの保険料

東京海上日動あんしん生命保険のプレスリリースより

通常の保険より保険料は高く、メディカルキットRと従来のメディカルキットでは30歳男性で+1,145円、30歳女性で+1,480円の差が生じます。

全額返金の医療保険を開発した意味

・20代から40代の若い頃は、入院するリスクが低く医療保険加入をためらう。
・入院リスクが高まる高齢期は、保険料が高くなる・加入できないことがある。
・掛け捨て型保険を嫌う傾向の顧客が多い

東京海上日動あんしん生命保険のウェブサイト

プレスリリース記事は、20代から40代の若い層をターゲットに保険加入者を増やしたいという考えであることを発表しています。

医療保険が本当に必要かどうかは議論の大きいところで、若年層の保険加入率や掛ける保険金額が下がっています。そのため、保険会社も危機感を抱いて掛け捨てではない貯蓄要素を含んだ「メディカルキットR」を商品として投入してきたということでしょう。

実際、若い世代の方は、入院が必要な程の病気にかかる例は少なく、万一の事態に備えた高額療養費制度もありますので、医療保険に加入する際にはその必要性を慎重に考えて加入してください。

右肩上がりで給料が増える時代ではありませんので、義理人情で何も分からずに保険に加入すると後で後悔することになります。

・参考資料として入院にかかるお金や日数のデータや年齢別死亡率などのデータをご確認ください。

このページの先頭へ