健康保険が手厚い日本で米国のように【がん保険】は必要なのか?

日本人の死因第一位は「がん(癌)」という程にがんは身近な病気になりました。それゆえに生命保険会社もがん保険の開発と営業に尽力しています。では、本当に必要なのでしょうか。

最も若くしてかかる確率は低く、日本人の2人に1人はがんになるという字面程に恐れを感じる必要はありません。医療の進歩や生活水準の向上で、他の原因で死ぬ確率が減ったことも大きな原因ですから

健康保険制度を活用して自己負担を減らす

がんは、絶対確実に治す方法がなく再発するリスクも高いことから怖い病気の代名詞として扱われています。ただし、かかる人が多い分、研究も進んでいる上に、日本は手厚い健康保険があることからお金の面については公的保険でカバーされる部分が多いことも知っておいてください。

特に高額療養費制度が適用されることで自身の負担金は収入により違うものの月額約8万円以下に抑えることができます。

がん保険の基本的な内容

保険金支払の例。

  • 初めてがんと診断されたら一時金:初回のみ100万円
  • がんで入院を開始したら:一回につき50万円
  • がんで先進医療を受けたら:通算限度額2,000万円
  • 通院で:1万円

オリックス保険のがん保険(ビリーブ)を例にすると月額数千円の保険料を支払うことで上記のような保障が付いています。

がん保険で貰えるお金の説明

  • 診断給付金:がんと診断された時に貰える
  • 入院給付金:治療のために入院すると貰える
  • 通院給付金:通院時に貰える
  • 手術給付金:手術した時もらえる

一般の医療保険は入院給付日数に上限がある。一方、がん保険の場合は日数が無制限の保険がほとんど。

免責期間:契約から90日以内にがんが見つかり診断された場合は保険金が貰えません。

先進医療の注意:がん保険を勧めるケースで多いのが、先進医療を受けると健康保険の範囲外だから必須との話。ただし、保険によっては先進医療対象外・保険料が高くなる・上限があることも多く注意が必要。

そもそも、先進医療を受ける必要があるかどうかという点も考える必要がありますね。

先進医療の総額は約98億円で、国民医療費の総額が約35兆円にもなることから、医療費の額としてはまだ小さいと言えます。オールアバウト

治療費の目安となるお金

なお、かかった時の治療費用は様々。社団法人全日本病院協会HPで調べたところ、がんで自己負担するお金は約13万円~25万円程。これだと慌ててがん保険に入るよりも貯金を積み立てておいてもいいかもしれません。

医療費については、あくまでも医療機関に支払われる金額のみ。

やはり、入院するとなるとそれ以外のお金もかかるもの。10万円~30万円位の余剰金があれば安心です。

これらが想定される費用です。

  • 病院への交通費
  • 日々の生活費
  • 見舞客へのお礼
  • 抗がん剤で頭髪が抜けた場合のかつら
  • 民間の薬やサプリメント
  • がん以外の痛みを緩和する鍼灸や民間療法

日々の生活費は痛いところ。仕事ができなくなり毎日のお金に困るという人もいるでしょう。しかし、がんの医療保険ではそこまでの対処はありません。

生命保険の一部に、死亡保険金の前払いを行う種類がありますのでそちらを活用することになります。

がん保険の支払い額想定(単位:万円)

がん保険料の支払い額

がんに若い人がかかる確率は以外に低いもの。現在30歳の男性ならば30年後の60歳時で約7%、女性でも約9%。

ところが、高齢になればその確率は高くなります。同じく30歳男性は50年後に37%、女性は25%の確率です。

がん保険が必要ではないとの考え方

・がんにかかっても健康保険の範囲内で特別な治療はしない

・ある程度の貯金があるので、いざとなればその貯金で何とかなる

・若い頃にがんにかかるリスクは少ないから、保険料を積み立てたり投資をして増やしたい

がん保険を必要とする考え方

・家系および生活習慣としてがんにかかりやすいと考えられる(飲酒・たばこ・肉食中心など)

・万一のリスクを考えたくない。

・安心料として保険料を考えたい。

・先進医療を受けたいのでそれに合わせたがん医療保険に加入したい。

・社会保障費の増大で現在の健康保険制度が維持できないと考える。(社会保障改革の骨子

このページの先頭へ