交通事故の医療費は健康保険を利用できる「第三者の行為による傷病届」を提出

交通事故で病院に行った場合、治療費は誰が負担するのでしょうか?交通事故では健康保険が使えないと言われることもあります。病院の窓口で健康保険は使えませんと言われることもあるようです。

交通事故の医療費は加害者が負担

けがの原因は、加害者である第三者にあるため医療費負担の対象は加害者になります。

そのため、被害者の県苦保険ではなく、加害者の加入している自動車保険から支払われることになります。

しかし、事故直後に被害者と加害者が揃って病院に行き支払うというのは現実的ではありません。そこで、診察を受けた被害者が立て替えて支払うことになります。

交通事故で健康保険を利用する「第三者の行為による傷病届」

  1. 被害者自身は健康保険で診療を受ける
  2. 治療費のうち自己負担分を立て替えて支払う
  3. 警察で交通事故証明書をもらう
  4. 健康保険組合に「第三者の行為による傷病届」を提出する
  5. 健康保険組合は加害者に自己過失分を請求する

このような流れでの診療を受けてお金を立替えることになります。

全国健康保険協会:事故にあったとき(第三者行為による傷病届等について)

必ず病院が応じてくれるとは限りませんが、診療を受けるときに、「自分は交通事故の被害者なので、支払いは加害者の保険会社に直接請求して欲しい」と、病院に相談する方法もあります。

事故状況に被害者側の過失がある時などは、先方の保険会社が治療費の支払いに応じないことも。


この第3者の行為によってケガを負った被害者の治療費は、加害者が負担すべきものですが、被害者は、一旦は公的医療保険を用いて治療を受けられます。ただし、その医療費は、被害者が加入する保険制度が負担するのではありません。加害者が支払うべき治療費を保険制度が一旦立て替えて、後で加害者に請求することになるのです。

ただし、被害者が保険証を用いて治療を受けるには、手続きが必要です。加入している公的医療保険に連絡をし、「第三者行為による傷病届」など必要書類をそろえて提出します。必要書類さえ提出すれば、保険証を用いて治療を受けることに問題はありません。

おとなの自動車保険

多くの交通事故被害者の方は、「何で加害者が悪いのに自分の健康保険を使わないといけないの?」と思われるようですが、健康保険を使ってもその方が得だと覚えてください。被害者が安心して治療に専念するためには、治療費負担の問題が解決されなければなりません。治療費負担は、健康保険を使用するかどうかによって大きな違いがあります。尾関保英行政書士事務所

参考動画

健康保険をメインに使うケース

加害者が飲酒運転をしていた場合や無免許の場合は、保険の免責対象や保険がありません。

また、被害者にも過失の有る場合、それぞれ分割してお金を支払うことになります。

ただし、いずれのケースもとりあえず健康保険で受診することができます。健康保険の効かない自由診療で受けなくても大丈夫です。

交通事故トラブルで役立つ機関のサイト

交通事故被害者ホットライン:自動車事故対策機構

東京都交通事故相談リンク集:交通事故紛争処理センターや自賠責保険・共済紛争処理機構へのリンクです。

このページの先頭へ