交通事故の賠償金は最高で約5億円!加入をおすすめする自動車保険の基礎知識

自動車保険は、強制加入の自賠責保険と任意加入の自動車保険と二種類に分かれます。

自動車事故の賠償額は、時にかなりの金額になることがあるために、任意保険への加入をおすすめします。

交通事故の映像

強制加入の自賠責保険

車をもったら必ず加入する保険。自動車事故で怪我を負わせたり死亡事故に対する保険金が支払われます。ただし、自分自身やモノに対しては支払われません。

車を持ったら加入

さらに、限度額が設けられており巨額の賠償金請求を受けた時にはすぐに制限に達してしまうことも

●自賠責保険の支払い限度額(被害者1名あたり)

死亡
3千万円
怪我
120万円
後遺障害
後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円※

日本損害保険協会

つまり、自賠責保険は最低限の補償です。


交通事故の損害賠償(慰謝料)

過去に起きた対人・対物事故では、数億円の支払い請求を受けた例もあります。可能性は低くても万一のことを考えると自動車保険は任意で加入しておきましょう。

後遺障害による逸失利益がこれからの大きなポイントになっています。交通事故の損害賠償を被害者側に立って要求する士業(弁護士・行政書士)も増えていることから、さらに支払うお金が増えていくかもしれません。

過去最高の損害賠償額は、眼科医の約5億円。被害者にも過失があると認められてさえこの高額。被害者側の所得が大きい程、賠償額が大きくなるのでいくらの金額になるかは運転技術や安全運転とは関係ありません。

1位5億843万円死亡 判決:平成23年11月1日 横浜地裁/被害者:41歳男性、眼科開業医

歩行者横断禁止規制のある国道を酩酊して横断を開始し第一車線中央付近で立ち止まっていた被害者に走行中のタクシーが衝突し、死亡させた。保険の窓口インズウェブ

任意の自動車保険

任意保険は、全国で約73%の加入率。そして、テレビCMが大量に流れているのを見るように、私達加入側が保険を取捨選択して有利な商品を選ぶ時代になっています。

特に事故を起こした経験や走行距離などで保険料として支払うお金が変わるため、優良ドライバーであれば「もっと保険料をやすくしたい」と思いますよね。

自動車保険の補償内容

相手への賠償

対人賠償保険:他人にけがを負わせたり死亡させてしまったときの補償

対物賠償保険:他人の車や建物・積荷などを壊してしまったときの補償

上記二つが最も重要。保険料を節約するために上限設定をすることも可能。しかし、数億円単位での賠償金請求となると一度の自動車事故で人生を棒に振ってしまうリスクがあります。

これこそ、保険の存在意義ともいえる自分だけでは対処できないリスクへの対応ですから無制限をお勧めします。

単独事故や自分自身への補償

人身傷害補償保険:自分自身の死傷を含めての補償

自損事故保険:相手のいない単独事故に対する補償

搭乗者傷害保険:ご契約されているお車に乗車中の方(運転者を含みます)が死傷された場合

無保険車傷害保険:事故の相手が無保険者などで十分な補償がされない場合に利用できる

車両保険:車の損害に対しての補償

補足:免責やロードサービス

免責

金額が安い場合には保険会社が保険金の支払いをしなくても良い制度。保険金を請求すると自動車保険の等級が下がり翌年度の保険金がアップします。

そこで、支払うお金が少額な場合、保険金を請求するより自費で払う方がお得なこともあります。

ロードサービス

多くの任意保険では事故対応だけでなく様々なトラブルに対応するロードサービスを行なっています。 例えば、ガス欠やパンク、故障した時のレッカー移動などです。 ロードサービスの内容は契約前によく確認しましょう。

事故時の対応

保険金の安さだけで全てを決めては大変。もし、本当に自動車事故に会えば動転してしまいます。

その時にしっかりとした対応をしてくれる保険会社を選びましょう。

  • 価格コム:自動車保険満足度ランキング
  • オリコン:顧客満足度ランキング
  • 財布のひも:J.D. パワー アジア・パシフィック2013年日本自動車保険事故対応満足度調査SM

こればっかりは、真実のところは実際に事故にあってみないと分かりません。そこで口コミなどで少しでも同じような事例を調べておきましょう。

また、話題になっている自転車事故の保険を特約で付けることもできるので加入時には確認しておくこと。

交通事故や自動車保険に関する参考サイト

このページの先頭へ