自転車規制強化で、自転車運転講習や5万円以下の罰金制度が6月1日から開始!

2015年6月1日から、自転車規制と罰則が大幅に強化。改正道路交通法では、信号無視など14項目が違反切符の対象となり、安全講座の受講や5万円以下の罰金などが課せられる。実際、6月1日は町中のあちこちで警官が歩道近辺で自転車の動きに目を注いでいた。

以前より、自転車事故への注目が高まっており、高額な賠償金の支払いや自転車保険の発売などで自転車規制強化の機運は高まっていた。

駐輪場の自転車


自転車規制強化と罰則

車と比べて罰則が緩かった自転車。今回の規制で違反者は厳しく罰せられることに。実際にお金と時間を支払うことで事故の抑止力になることを期待。

悪質な場合は罰金もあり

自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備

一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者(悪質自転車運転者)は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけません

全日本交通安全協会

自転車安全運転五原則

実際のところ、自転車は車道が原則というルールには違和感がありますし、ロードレーサー的な速度の速い自転車と近所で買い物をしている方のいわゆるママチャリを並列に扱うのには無理があるような気がします。歩道を走る時はすぐに停止できる速度を心がけることは大切。

ルールを細かくするのは大変ですから、常識と安全運転五原則をミックスして、自転車に乗るよう心がけましょう。

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は軽車両。歩道と車道の区別があるところは車道通行が原則。

2.車道は左側を通行

自転車は、道路の左端に寄って通行をすること

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止の必要あり。

4.安全ルールを守る

  • 飲酒運転は禁止
  • 二人乗りは禁止
  • 並進は禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 信号を守る

交差点での一時停止と安全確認

5.子どもはヘルメットを着用

児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児に乗車用のヘルメットをかぶらせるようにしましょう。

警視庁安全運転五原則

自転車は軽車両で車道を走ることを知らない方は多いはず。自転車専用レーンや自動車専用レーンの設置などに取り組む議員も多いが、実際のところは、現実的ではない。将来の構想として、AIによる車の自動運転化が視野に入っている今、車・自転車をどう切り分けていくのか駐車場や自家用車の定義などを考えると難しいところ。

(注1)違反14項目
1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反等
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
7.交差点での優先道路通行車妨害等
8.交差点での右折車妨害等
9.環状交差点での安全進行義務違反等
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反

BOGOS

自転車問題

法律は法律として、現場の警察官がどの程度、厳しく取り締まるかどうかはまだ分からない。福岡では半日で90件の警告というニュースも届いている。

もっとも、従来の自転車マナーが悪かったことから、歩行者優先や危険運転・信号無視といった危険な自転車運転は改正道路交通法に基づき厳しく取り締まりが行われている模様。

このページの先頭へ