能力アップにお金を補助してもらえる教育訓練給付制度:有能な人材を増やす政府の政策

能力アップでお金が貰える

雇用保険の制度の一つに、自分の能力を磨くために資格やスキルを受講する場合に費用の一部を補助してもらえる制度です。

世界中で競争が繰り広げられるグローバル社会では、仕事の保証がなく失業率が増加傾向にあります。そのため、各自が高い能力を身につけることが勧められており、資格やスキルアップにかかったお金を助けてもらえます。

教育訓練給付制度の資格

受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間が3年以上(初めて受給する場合は1年以上)

厚生労働大臣の指定する教育訓練を終了

主な講座を調べる

かなりの講座がこの制度に該当します。

教育訓練給付制度の支給額

教育訓練経費の20%に相当する金額。ただし、20%相当額が10万円以上の場合には、10万円が支給。

4,000円以下の場合は支給されません。

申請手続き

訓練終了後、受講した本人の住所管轄のハローワークに書類を提出。

複数回受給するには

過去に教育訓練給付金を受給した場合、過去の受講開始日以降、同一の事業主の事業に引き続いて雇用されている期間(支給要件期間)が3年以上になれば新たな資格を得ることができる。

同時に複数の教育訓練講座の支給はできません。

厚生労働省のホームページから支給までの流れ。
より詳しくはこちら

教育訓練給付制度支給の流れ

出典:厚生労働省

このページの先頭へ