病気やケガで障害を負った時には、障害年金で生活を支えることができます。

病気やケガで、今までの職業を続けられなくなる。これは心配。そこで、年金制度によるセーフティーネットがあることをご存知でしょうか。

年金というと、老後の生活を支える「老齢年金」のイメージが強いですね。現役世代も病気やけがなどで障害が生じたときには、「障害年金」が支給されます。

病気やけがなどで支給される「障害年金」

「障害の状態」は、視覚障害や聴覚障害、肢体不自由などの障害だけでなく、がんや糖尿病、高血圧、呼吸器疾患などの病気により長期療養が必要な時も含まれます。また、障害手帳を持っていない場合も障害年金を受けることができます。

障害年金は、当然のことながら公的年金に加入し支給要件を満たしている方。保険料の滞納があってはいけません。しっかりとお金は納めておきましょう。

対象者と仕組み

(1)障害基礎年金:自営業など国民年金の対象者、20歳前の障害者が20歳になった場合、60~65歳未満の人

(2)障害厚生年金:会社員や公務員など厚生年金の対象者

(3)障害手当金:厚生年金の対象者に一時金として支給されるお金

障害基礎年金は、障害状態が1~2級。障害厚生年金は1~3級で支給されます。

怪我や病気への対応方法としては生命保険への加入が中心です。でも人は必ず死ぬとは限りません。事故やケガで障害を負って従来の生活や職業と異なる環境になることへの心配は大きいと思います。


障害等級の例(厚生労働省)

「障害の程度」は、「国民年金法施行令」および「厚生年金保険法施行令」によって障害等級(1~3級)の基準が定められています。 ※身体障害者手帳の等級とは異なります。

障害等級1級

入院や在宅介護を必要とし、活動の範囲がベッドの周辺に限られるような方が1級に相当(政府広報による説明)

厚生労働省の等級表

  • 両眼が失明したもの
  • そしやく及び言語の機能を廃したもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 両上肢をひじ関節以上で失つたもの
  • 両上肢の用を全廃したもの
  • 両下肢をひざ関節以上で失つたもの
  • 両下肢の用を全廃したもの

障害等級2級

入院や在宅で、活動の範囲が病院内・家屋内に限られるような方が2級に相当(政府広報による説明)

厚生労働省の等級表

  • 一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
  • 両眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 両上肢を手関節以上で失つたもの
  • 両下肢を足関節以上で失つたもの

出典:厚生労働省の障害等級表(2級以下も掲載)

この障害等級で言われるのは、両足や両腕であること。脳梗塞などで半身が効かない場合は別になるのがつらいところ。

年間で支給される金額

障害基礎年金の年間支給額(平成24年度)は、1級障害が983,100円、2級障害が786,500円。18歳到達年度の末日までの間にある子(または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子)がいる場合は、その数に応じて、子ども1人につき一定額(子ども2人までは1人につき226,300円、3人目以降は1人につき75,400円)が加算されて支給されます。

障害厚生年金の年金額は、厚生年金加入期間中の標準報酬額と加入期間で算出され、「報酬比例の年金額」とも言われます。1級障害は報酬比例の年金額の1.25倍、2級障害は報酬比例の年金額が、障害厚生年金として支給されます。また、65歳未満の配偶者がいる場合は、226,300円(平成24年度)が加算されて支給されます。

支給額

政府広報オンライン

国民年金の場合、障害年金を受け取っている期間内は保険料の全額免除を受けられます。

また、社会保険は基本的に申告・申請主義です。病院で全て教えてくれるとは限りませんのでご注意ください。

お役立ちサイト

佐村河内 守(さむらごうち まもる)氏のように偽の聴覚障害を理由に諸手当を得ながら、作曲をし音楽界のスターとなっていた事例もあります。こういった事件が起きると本来支給されるべき人に対しても支給要件が厳しくなりかねません。

不正受給を行うことなくまっとうに社会保険は利用しましょう。

このページの先頭へ