傷病手当金は、病気や怪我で長期間働けない場合に貰える大切な制度

傷病手当金=病気やケガで働けなくなった時に支払われるお金

健康保険に加入していると病気やケガで働くことができない場合に、傷病手当金を受け取ることで生活を支えることができます。

会社を長期休業しなければならない病気やケガになると、まずは有給休暇を消化します。

その範囲で回復すれば問題ありませんが、回復しなかった場合には、健康保険から傷病手当金が支給されます。

傷病手当金の概要

・働けない日が3日以上あること

・支給額は1日につき標準報酬月額の2/3に相当する金額

・給付期間は最長で1年6か月

・申請の手続きは、会社の総務部か人事部が健康保険組合に提出する事が多い

・事業主から報酬を受け取っていないこと

・保険者指定の医師から証明書を貰うこと

・任意継続被保険者はその対象となりません。

・手当受給中に退職した場合には、引き続き傷病手当金を受け取れる

・失業保険との同時給付はできません。

・受け取るお金は非課税

傷病手当金の支給されない病名はあるのか?

傷病手当金の支給要件は「療養のため、労務に服することができないこと」となっており、具体的に何の病気であるかは明記していません。

そのため、医師が療養のため、働くことができないと判断すれば、うつ病や適応障害・睡眠障害なども基本的に傷病手当金を支給されます。

ただし、美容整形手術などで労務不能になった場合には傷病手当金は支給されません。

なお、国民健康保険には傷病手当金制度はありませんので、ほとんどの自治体では制度を導入していません。任意制度になりますので対象の方は各自治体にお尋ねください。

標準報酬月額

標準報酬月額は、お仕事を始めたときの1ヵ月相当のお給料を基礎にして決められ、その後定期的に見直しがされるようになっています。たとえば、お給料が245,000円となる場合は、これを下表の報酬月額範囲にあてはめると、標準報酬月額は240,000円になります。

「人材派遣健康保険組合」

東京都の標準報酬月額表

このページの先頭へ