売買タイミングの名言・格言

売買タイミングについての名言や格言です。

売買タイミングについての名言や格言です。古い時代から売買タイミングについての格言は数多くあり、実践的な言葉がたくさんあります。

名言や格言に含まれている先人の知恵や失敗例を読んで活用しましょう。


売買タイミングの名言・格言

・飛びつく魚は釣られる。

・売るべし買うべし休むべし。

・一文惜しみは天底逃し。

・指値を取り消すな。

・相場の頭と尻尾は猫にくれてやれ。

・麦わら帽子は冬に買え。

・見切り千両、損切り万両。

・上り坂の悪材料は買い、下り坂の好材料は売り。

・仕掛けはたやすく、手仕舞いは難し。

・10月。これは株に手を出すには特に危険な月だ。そのほか危険な月は、7月と1月と2月と4月と11月と5月と3月と6月と2月と8月、それになんといっても12月だ。(マーク・トウェイン)

・変動の大きい異常な相場は数年に一度しか起こらないということをわすれてはならな い。だから、平常時に理に適った以上の儲けを期待してはいけない。

・百年に一度の異常事態は、頻繁に起こる。そのための備えを忘れてはいけない。

・売買の時機は銘柄よりも大切

・確実にみじめな結果となるのは、株価が下がっていく途中で買うことだ。(ウイリアム・オニール)

・相場の反転は多数派が納得した瞬間から始まる

・反対側で売買している人間にも見通しがあるはずです。なぜ彼は売るのだろう。 自分の知らない何を知っているのだろう。常にそう自問するのです。 (マイケル・スタインハルト)

・値ごろ感から売買してはならない。

・本当に熟練したトレーダーは、マーケットが逆の動きを示したら、損を出してでもポジションを180度転換するのである。

このページの先頭へ