長期固定金利で人気の高いフラット35

フラット35は、長期固定金利の住宅ローンです。
長期固定金利で住宅ローンを借りたいとお考えの方には、まっさきに検討できるローンです。

住宅ローンには、変動金利と固定金利があり、それぞれにメリットとデメリットがあります、

フラット35とは

長期固定金利の住宅ローンが「フラット35」です。

民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。

長期固定金利住宅ローンは、ローン開始時に返済終了までの金利・ご返済額が確定し、その後の金利変動の影響を受けませんので返済計画を立てやすいのが特徴です。

フラット35のメリット

1.最長35年の長期固定金利

「フラット35」は最長35年の長期固定金利住宅ローンです。資金のお受け取り時に返済終了までの金利・返済額が確定します。

2.保証料0円、繰上返済手数料0円

通常の住宅ローンで必要となる保証料がかからない上、保証人も必要ありません。

また、ご返済中に繰上返済や返済条件の変更を行う際も手数料が必要ありません。

3.住宅金融支援機構の物件審査

住宅の断熱・耐久性などについて、住宅金融支援機構において独自の技術基準を定め、物件検査を受けます。

併せて新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しています。ただし、物件検査に当たっては、物件検査手数料が必要で、お客様のご負担となります。物件検査手数料は、適合証明機関によって異なります。

4.ご返済中も安心サポート

多様な返済方法変更のメニューを揃え、返済についてお悩みをお持ちのお客様に、親身になって返済相談に応じ、お客様のご事情に合った返済方法の変更をご提案しております。

また、お客様に万一のことがあった場合に備えて、機構団体信用生命保険、さらに3大疾病保障付機構団体信用生命保険もご用意しています。

出典:フラット35

長期固定で住宅ローンを組みたい場合に、まっさきに検討したいのがフラット35です。

その名の通り、35年間固定金利で住宅ローンを組めることは、大きなメリットです。1年や2年の短期間においては、金利の大きな上下動は考えにくいのですが、これだけ世界情勢が不安定な中、日本の低金利が永遠に続くとは限りません。

住宅ローンを組む際には、リスクをできるだけ軽減したいと考えていきたいだけに、35年間、固定金利の住宅ローンは大きな魅力です。

さらに詳しいフラット35の概要もご覧ください。

過去10年間の国債金利

赤線:日本国債10年、オレンジ線:米国債10年、出典:クリック証券

10年国債金利

日本の金利は、低い状態が長く続いていますので、日本の金利が今後も上がらないと考える方は、変動金利型、上がると考える方もしくはリスクを取りたくない方は、固定金利型がおすすめです。

このページの先頭へ