「お金を増やす基本」の記事一覧

人気を集める新興国投資は、QE3の縮小でお金が流出!

長きに渡った米国の量的金融緩和(QE)の縮小が2013年春から話題に上り、中国経済の減速傾向がはっきりするにつれ、新興国からのお金の流出と経済悪化のリスクが高まっています。

IMFの経済成長率見通し

2013年7月9日に発表したIMF(国際通貨基金)の世界経済成長率見通しでは、新興国の弱さが成長見通しを引き下げています。

先進国のリスクは低いが新興国のリスクは拡大していると公表

●世界経済の成長率

 

2011

2012

2013

2014

世界

3.9

3.1

3.1(-0.2)

3.8(-0.2)

米国

1.8

2.2

1.7(-0.2)

2.7(-0.2)

ユーロ圏

1.5

-0.6

-0.6(-0.3)

0.9(-0.1)

日本

-0.6

1.9

2.0(0.5)

1.2(-0.3)

ロシア

4.3

3.4

2.5(0.0)

3.3(-0.5)

中国

9.3

7.8

7.8(-0.3)

7.7(-0.6)

インド

6.3

3.2

5.6(-0.2)

6.3(-0.1)

ASEAN-5

4.5

6.1

5.6(-0.3)

5.7(0.2)

ブラジル

2.7

0.9

2.5(-0.5)

3.2(0.8)

2013年7月のIMF見通し:2013年・2014年は予測値()内は、2013年4月からの変化

IMFが懸念するリスク要因

1.米国のQE縮小にによるお金の流れがストップし新興国から先進国(米国)に逆流する

2.中国経済の減速。シャドーバンキング問題や賃金上昇の影響、建設すれど収益上がらず状態の可能性

3.中国の経済成長が資源価格の高騰を支え、新興国に恩恵をもたらしていたが、中国経済減速と資源価格低下のリスク


投資・資産運用にはどんなリスクがある。その種類をご紹介します

投資を行う際には、様々なリスク(危険)があります。そのリスクをしっかり理解した上で取引を行いましょう。

元本保証の金融商品も金融機関の倒産や国家の破綻などのリスクがありますので、100%絶対に安全なものはありません。

車を運転するときには事故のリスク、電車や飛行機に乗ったときにはそれぞれ事故のリスクがありますので、リスクの程度を知って対処をすることです。


金融商品は安全性・流動性・収益性の三つを基準にして選ぶ

金融商品には、預貯金・株式・債券・保険と様々な種類があり、どれを選べば良いか悩んでしまいます。
特に、近年の金融商品についての改革は目覚ましく、10年程で、金融商品の中身と売買方法が大きく変化しています。

金融商品を選ぶには、自身の性格や資金の目的に合わせて使い分けることが大切です。
そのためには、まず、自身が、今後どう生きていくのか?今後、必要となるお金はどのようなものかを確認しましょう。

その上で、金融商品の知識を高めて上手く選んでいくことです。


お金を増やすには収入を増やし支出を減らし資産運用で稼ぐ3つ

海外投資を楽しむ会の代表「橘玲」氏による資産運用の基本式をご紹介します。

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

1. 収入を増やす

2. 支出を減らす

3. 資産運用の利回りを上げる

式自体はごく簡単で、収入を増やす、支出を減らす、貯めた資産の利回りを上げるという3つの方法に集約しています。

もちろん、3つの方法をさらに細かく見ていけば、資産を増やすための方法はいくつもありますが、最終的には3つの方法にまとめられます。

お金持ちになるための魔法の方法はなく、どんな画期的な方法もこの3つに分類されるとのことで、私もその通りだと思います。

次にこの3つを少し細かくしてお金持ちになるための資産運用方法を橘玲氏のルールに則って見ていきましょう。


お金を貸し借りするときに生じる金利の基本

金利とは

金利は、お金の借り手が貸し手に対して支払う手数料のことです。

利息と利子

お金を銀行などに預けて受け取るお金を利子や利息と呼びます。

利息(りそく)と利子は、一般的に同じ意味で使いますが、借りた場合に支払うお金を利子、貸した場合に受け取るお金を利息と使い分けることもあります。

また、銀行預金は利息と呼び、ゆうちょ銀行では利子と呼ぶなどの区別もあります。

預金=銀行、貯金=ゆうちょ銀行と同じで実質的な差はありません。

法律用語としては利息を用います。


お金や経済の本のテーマは破滅や破綻など内容が極端

お金の本や雑誌はなぜタイトルや内容が極端なのか?

お金や経済についてベストセラーになる本は、テーマが極端になりがちです。

本に限らず雑誌においても「大恐慌」「●●暴落」「超インフレ」「デフレスパイラル」「超円高」「国債大暴落」と、この世の終わりかと思うようなタイトルが並んでいます。

逆に、新たな技術が世の中の全てを救うというようなバラ色のタイトルの本もありますね。

これらの本を読んでいると、今すぐにでも何かをしなければいけない気になってきます。
ところが、大体の場合、大恐慌も最良の未来も来ずに、その中間位で推移します。


このページの先頭へ