「預貯金」の記事一覧

預金の種類と特徴:普通や預金、当座の違い

預金や貯金には、様々な種類がありますので、詳しい内容を見ていきましょう。

普通預金

特徴:期間の定めがなく、いつでも自由に出し入れが可能な預金です。
給与の自動振込・公共料金などの自動引き落としに利用することができますので、日常生活で最も使う預金口座です。

利子はほとんどつきませんので、お金を増やす目的には向きません。
保証:預金保険制度の対象となりまので安全性の高い預金です。

○無利息普通預金

無利息普通預金は利息がつかず、普通預金と同等に決済用途に使える普通預金です。

この預金は預金保険制度の対象で万一の時には全額保護されます。


お金を大きく増やすには複利の商品を選ぶ

お金を預ける時に大切なポイントが複利です。特に長い期間、預ける場合には、単利か複利かでお金の増える額が違います。

複利と単利

複利は、利息が元金に組み込まれ、それに対して(利息+元金)さらに利息が付く仕組みです。
利息が元金に組み込まれず元本だけに利息が付くことを単利といいます。

この複利の金融商品に長期にわたって投資を行うことで、大きく資産を増やせる可能性があります。

この複利のマジックを生かすためには、ある程度の利率が必要となりますので、なるべくリスクが低くて安全性の高い金融商品にタイミング良く投資できるように学んでおくことです。


預金保険制度・・・銀行破たんの場合に1000万円まで保護される

銀行などが破たんした場合は、預金保険制度(ペイオフ)により、ほとんどの預金は保護されます。ただし、全ての預金が守られるわけではありません。

預金保険制度で保護される金額

1銀行1預金者あたり「元本1,000万円+利息」

これはその銀行に預けている全ての預金を合算した金額の上限です。

ただし、決済用預金と呼ばれる無利息型普通預金と当座預金は、(事業用に小切手や手形の受渡を行う口座)全額保護されます。

1,000万円以上の資産を保有している場合は、一つの銀行に預けずに、1,000万円ごとに分散させておくとペイオフ対策になります。


元本保証で安全にお金を貯めるために預貯金を活用

預貯金は、元本保証が最大の特徴となる金融商品で、お金を預ける・運用する際の基本となります。

また、取り扱い金融機関が経営破綻しても預貯金は、預金保険制度により保護されます。

預貯金は、全国の金融機関で取り扱われています。

銀行系(銀行・信用金庫等)が預金

郵貯系(ゆうちょ銀行・郵便局・JA等)を貯金と呼びます。


このページの先頭へ