「債券」の記事一覧

個人向け国債を金融機関が勧めない理由

銀行や証券会社の窓口に行くと、投資信託や外債を勧められるのに、個人向け国債は勧められる率が低いなと感じた事はありませんか?

債券の中でも、安全度が最も高い国債は、リスクを避けたい方向きの金融商品。ほぼ預金感覚で購入できる債券です。

財務省:取り扱い金融機関一覧:インターネットで購入できる金融機関もあり!

●平成27年5月14日~29日葡中の個人向け国債利率

個人向け国債利率

財務省個人向け国債

ごらんのように、利率は低いので資産運用として大きな利益を得られる商品ではありません。メリットは安全性、デメリットは収益性です。


ノックイン型日経平均連動社債=リンク債は、高利率ながらリスクと見合わない?

利率が3.50%と非常に高い外国債券をご紹介します。RBS発行の円建て社債に比べて、リスクが高い分、利率の良い金融商品です。

ノックイン型日経平均連動債(リンク債)は、デリバティブの一種であるオプションを組み込むことで高い利率を提供しています。

日経平均株価と連動し、株価がノックイン価格として設定された水準を割り込まない限り、高い利率を得ることができる債券です。

ノックイン型日経平均連動社債の事例


円建て社債は高い金利を得られるが元本保証でない債券が中心

外国債券の中には、日本の債券に比べて高金利の商品があります。まず、利率が1.5%の円建ての債券を外国債券の例としてご紹介します。

外国の債券に投資する以上、少しでも高い金利を得たいと考えるのが当然ですが、外国債にはどのような債券があるのかを実際の例を見ておきましょう。

外貨投資をお考えの方は、利率・為替手数料・安全性などを考えてご投資ください。

円建て社債の例

外国債券は、全てが外国の通貨で発行されるとは限らず、日本円で発行されるものもあり円貨建て(円建て)外国債券と呼びます。


高利回りが魅力の外国債券とは

外国債券は、「外債」や「外国債」とも呼ばれ、発行者(海外の公的機関、政府、企業)、通貨(元本、利子、償還金の一部/全て)、発行場所(発行市場)のいずれかが海外の債券のことをいいます。

基本的な仕組みは、国内の債券と同様ですが、発行される債券の国の信用度や金利動向、為替相場などの変化に大きく影響を受けるところが国内債券との違いです。

外国債券への投資理由(魅力)

外国債券への投資は、主に海外の高金利と為替差益が投資の理由となります。

日本は、低金利が長く続いていることから、預貯金・国内債券では、ほとんど利子収入を得ることができず、高金利を得られる外国債券への人気が高まっています。

ただし、外国債券は、為替動向(円高)や為替手数料の高さによって、金利収入が無くなるもしくはマイナスになることもあります。


債券とはお金を貸して返済してもらう借用証書

初めての債券

債券は国や地方公共団体・企業などが資金調達のために発行するものです。

債券と株式の違い

株式は、企業に対する出資で資本として企業にお金を出します。
その結果、収益が上がれば株主配当を受け取ることができ、株価が上昇すれば売却益を得ることができます。

債券は、お金を貸した借用証書です。
債券の一つである日本国債を買うことは、あなたが日本政府にお金を貸したということになり満期が来ると返済されます。
利子(クーポン)が付きます


国債を購入する時のよくある質問

国債を購入する時に、よくある質問をまとめてみました。購入時の参考にしてください。

国債購入時によくある質問

Q.国債はいくらから購入できますか?

個人向け国債については、額面金額100円につき100円で、新窓販国債については、募集期間中一定の価格で購入できます。

その他の国債については、既発債(既に発行されたもの)は毎日価格が変動し、新発債(これから発行されるもの)も金融機関等によって価格が異なることがあります。

なお、国債の購入に際して手数料は不要ですが、購入の際「経過利子」(以下参照)が必要となる場合がありますので、詳しくは金融機関等にお尋ね下さい。


このページの先頭へ