「株式」の記事一覧

日本はロボット化するからこそ買い:デニス・ガートマン氏の考え

少子高齢化に悩まされる日本において、ロボット化により日本の株式はリターンが見込めると考えている人物もいます。

ガートマン・レターという株・国債・商品・為替に関するニュースを出している「デニス・ガートマン」氏。コモディティキングと呼ばれることもあります。


JPX日経インデックス400:120兆円の公的年金運用が利用する新たな株価指数

日本取引所グループ(JPX)と日本経済新聞社が新規スタートする株式指数が「JPX日経インデックス400」です。

スタートは、平成26年(2014年)1月26日から。

日本の株式の指数として日経225やTOPIXは有名で、これまで、公的年金(GPIF)は、TOPXに連動した形で年金資産を運用してきました。

とはいってもほとんどが債券で運用しており国内株式の割合は12%(運用割合と成長株投資への切り替え).

新指数JPX日経インデックス400

この指数開発の目的は、以下のとおり

資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数を創生します。これにより、日本企業の魅力を内外にアピールするとともに、その持続的な企業価値向上を促し、株式市場の活性化を図ります。東京証券取引所

つまり、利益が出て株価が上がりそうな銘柄を集めた指数を作ることが目的です。


株の信用取引を2013年1月から規制緩和した結果、短期売買が行いやすくなり活性化

2013年1月から株式の信用取引は、規制緩和により取引を行いやすくなりました。その成果が早速出ています。

信用取引:規制緩和

株式の信用取引は、FX取引と違い、委託保証金を1日に1回しか使えませんでした。

今回の規制緩和により、同日中に同じ担保(委託保証金)を使って、何度でも売買できるように規制が緩和されました。

例えば、トヨタ株を千株、信用取引きで買ってすぐに決済しても、その担保に使った委託保証金は、次の取引に使えなかったのです。これでは、資金力に限りのある投資家にとって、売買チャンスが限られてしまいますし、一旦、決済してチャンスを待つことや他の銘柄を売買することが行いにくくなっていました。

規制緩和により、購入した株を売れば、その保証金を次の取引に使えるため、資金効率が向上しました。

規制緩和のポイント

1.委託保証金の拘束期間の見直し:同日に同一資金で何度でも信用取引が行えます。

2.反対売買による確定利益額の取扱いの見直し:建玉を反対売買で決済した確定利益を受渡日前でも利用できます。

3.追加委託保証金解消方法の見直し:建玉の反対売買でも追い証の解消ができます。


信用取引は株やお金を借りて取引する。カラ売すれば値下がりで利益が出る

株式の信用取引では、売りから取引を始めることができます。

通常、株式で利益を得るには、安く買って高く売ること、つまり値上がりが利益となります。

売りからスタートした場合は、高値で売って安値で買い戻す、つまり値下がりが利益となります。

他にも信用取引の特徴やメリットはありますが、この「売りからスタート」ということは、信用取引の大きなメリットの一つです。

その他の信用取引ルールもご確認ください。

信用取引の売りからスタートとは?

信用取引は、お金や株券を借りて取引をします。

・信用買い=「お金」を借りて取引をする。

・信用売り=「株券」を借りて取引をする。


信用取引で注意しておきたいルール

証券(株式)取引の中でも、証券取引は、通常の株式取引とは異なる点がありますので注意が必要です。

株式の基本信用取引の基本を学んだ上で取り組んでください。

1.レバレッジ効果

信用取引はレバレッジを効かせた取引が可能です。このレバレッジを大きくすると成功した時の利益も大きいかわりに損失も大きくなります。

レバレッジをかけた取引をする場合にはマネーマネジメントを良く理解して取引をする必要があります。

信用取引がハイリスクと言われる理由のほとんどはこのレバレッジの部分です。


現物取引に対して株の信用取引では何ができるのか

株式の信用取引とは

信用取引とは、証券会社からお金を借りて株式を買ったり、株式を借りてそれを売ったりする取引のことです

●普通に株を売買することを「現物株」や「現物取引」といいます。

●それに対して、証券会社からお金を借りて取引することを「信用取引」と呼びます。

現物取引は、実際にお金や株を持っていなければできません。

100万円の株を買うには、その代金として、100万円必要でし、売る時には株を持っていなければ売ることはできません。

そして、現物取引で差益を出すには、「安く買って値上がりしたら売る」ということになります。


このページの先頭へ