「テクニカル分析」の記事一覧

ボリンジャーバンドとは統計学を利用した分析手法

ボリンジャーバンドは、ジョン・ボリンジャー氏が1980年代に開発したテクニカル分析手法です。

移動平均線とその標準偏差(±1σ、±2σ、±3σ)をチャートに重ねて描くことで価格の上下にバンドを描きます。

移動平均および標準偏差のラインと価格の関係から、今後の値動きを予測します。

ボリンジャーバンドと統計学

統計学上、移動平均線±1σ内には68.27%、平均線±2σ内には95.45%、平均値±3σ内には99.73%の確率で価格は収まります。

つまり、±2σの範囲を飛び出す確率は5%にも満たないということです。

ボリンジャーバンドの売買ポイント


ピボット(PIVOT)によるテクニカル分析

ピボット(PIVOT)はJ・W・ワイルダーによって考案されたテクニカル指標です。元々、商品先物取引の分野で頻繁に利用されていました。

ピボットとは

前日の価格を用いて当日のサポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)の水準を予測しようという指標です。

デイトレーダーなどの短期売買を行う投資家向けの分析指標と言えます。ピボット計算機を用意していますのでご活用ください。


RSIは相場の強弱を示すオシレーター

日々の値動きから為替相場の強弱を表わす指標のオシレーターで、逆張りのテクニカル分析の代表です。
オシレーター系指標の中で、ストキャスティクス・MACDとともに投資家・プロディーラーの間で高い頻度で利用されています。

RSIとワイルダー氏

1978年に、米国の投資家ワイルダー氏が公表したテクニカル分析です。

終値の前日比での上げ幅(下げ幅)に注目し、相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを示すRSI(相対力指数)を発表しました。


MACDで買いサイン・売りサインを判断

MACDは、「マックディー」と呼びます。正式名称は「Moving Average Convergence Divergence」で頭文字を取ってMACDとなります。
意味は、移動平均の収束・発散法のことで、トレンドを図る分析手法として、広く利用されています。

2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで、相場の周期とタイミングを捉える指標です。


ストキャスティクスは相場の過熱感を分析できるテクニカルツール

ストキャスティクスは、相場の過熱感を表すテクニカル分析の一つで、オシレーター系の指標です。

直近の一定期間中の最高値と最安値に対して、現在の価格がどの水準にあるかをパーセンテージで表示し、0%に近い程、売られ過ぎ、100%に近い程、買われすぎとなります。

ストキャスティクスについて

ストキャスティクスは、1950年代後半に、ジョージ・レイン(George Lane)によって開発されたものです。


トレンドとサポート・レジスタンスは相場分析の第一歩

トレンドが出た時に大きく稼ぐトレンドフォロワー型とレンジ相場で稼ぐ逆張り型で勝率や利幅の設定方法が異なりますのでそちらを見ていきましょう。

トレンドとレンジ

上下どちらかの方向に動く状態をトレンドといい、上下の方向性がなく一定の範囲内で上下動を繰り返している状態をレンジ(もちあい・ボックス)といいます。

トレンドラインとボックス

相場は、ほとんどの場合、レンジで動きながら、時折、トレンドが発生すると言われます。


このページの先頭へ