確定拠出年金=401kとは、税制優遇されるが自分で運用する方式

確定拠出年金=401kとは

401(k)(よんまるいちけー 、フォー・ゼロ・ワン・ケー)は、アメリカで広まった確定拠出型年金制度の一つです。

401kという名前は、1978年に米国内国歳入法(Internal Revenue Code of 1978)の条項名(401(k))から命名されています。

税制で優遇されることと、米国の株価上昇の流れに乗り、年金は自分で運用するものとして米国で人気化しました。

米国ダウ平均株価の推移

ダウ平均株価の推移(1980~2011年) - 世界経済のネタ帳

このダウ平均株価の上昇を見ると米国で401kや投資信託ブームが起きたことも理解できます。

日本においては、2001年10月から施行された確定拠出年金法にもとづく確定拠出年金が、従業員以外を対象とした制度を含めて日本版401kと呼ばれます。(通常「にっぽんばんよんまるいちケー」と呼ばれる)

掛金をあらかじめ決めて、加入者が運用方法を選び、自己責任で年金資産を管理することになります。

確定給付型の企業年金

これまでは、企業側が運用について責任を持つ確定給付型の企業年金が主流でしたが、運用を行うコスト・運用成績の低下から個人の責任で行う確定拠出型への移行を促す流れとなっています。

企業型と個人型(401k)

確定拠出型年金には、「企業型」と「個人型」の2つがあります。

企業型:制度を導入している企業の従業員が加入します。掛金は企業が負担することになります。

個人型:個人で掛金を支払う形で自営業者や企業年金を導入しない企業の従業員が加入します。

企業型と個人型の違いについて時事通信社が分かりやすくまとめています。

企業型401kと個人型401kの比較(出典:時事通信)

加入対象者

60歳未満の公的年金加入者、だだし、国民年金保険料の滞納者、公務員、第三号被保険者(専業主婦など)は加入できません。

メリットとデメリット

メリット

・税制上の優遇措置がある

・転職した際には前勤務先の資産残高を持運べる(ポータビリティ)、

・個人勘定が設定されるので、運用成績が明確にわかる等のメリットがある。

デメリット

・運用リスクは個人が負うことになる

・運用次第で金額が変動し減少することもある。

企業側のメリットは、運用リスクを負わなくて済むことです。ただし、従業員に適切な投資教育を行う必要があります。

確定拠出年金の税制優遇処置

■掛金は全額所得控除の対象となります

確定拠出年金で、支払われた掛金については全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となり、所得税、住民税が軽減されます。

■受給時の税金について

1.老齢給付金

年金・・・雑所得として課税されますが、公的年金等控除が適用されます。

一時金・・・退職所得として扱われます。

2.障害給付金

非課税です。

3.死亡一時金

みなし相続財産として相続税がかかります。

■運用時の税金について

運用段階において、確定拠出年金の年金資産を運用して得た収益は、全額非課税です。

金融商品を普通に運用した場合、通常、利益の20%が税金として差し引かれますが、確定拠出年金の場合は、非課税となります。

金融商品の税金についてはこちら

まとめ

確定拠出型年金は、税制上の優遇処置があることが特徴です。しかし、運用成績については、各個人の自己責任となりますので注意が必要です。

行政上の流れとしては、確定拠出型を増やしたい意向が強いことから今後も優遇処置が出てくることが予想できます。

基本的には、会社が全ての面倒を見てくれる時代が終わりつつあることから、自己責任による運用を考えることが大切です。

とはいえ知識がないまま運用しても失敗する可能性が多いことから、安全性重視&知識を身に付けるの二つを重視した運用を心掛けておきましょう。

しっかりと資産運用を行いたい方は、年金ではなく余裕資金で行うことをお勧めします。

6割が元本割れ

運用成績次第で将来もらえる年金の額が変わる確定拠出年金、いわゆる日本版401k。その加入者の約6割が「元本割れ」に陥っていることが明らかとなり、話題となっている。 格付投資情報センターが大手運用管理会社3社の加入者140万人について調査したところ、元本割れとなっているのは2011年9月末時点で約6割、人数にして約81万人となった。3月末時点から約30万人も増えたという。週刊ダイヤモンド

このページの先頭へ