デイトレード・スキャルから長期保有まで様々なトレードスタイル

株式・為替・商品先物には、様々な投資スタイルがあります。
短い時間で短期利益を狙うデイトレーダーが流行したITバブルの時代がありましたが、短期売買と長期売買では、投資に対してのスタンスや方法が変わります。

取引スタイルによって得意分野や使うツールは異なってきますので、様々な投資スタイルを見ていきましょう。

トレードスタイルの主な分類

■スキャルピング

わずかな利幅を狙って、数十秒や数分でトレードを繰り返す。

一回辺りの利益は小さいが、取引量を大きくすれば大きな利益を得ることもできる。

損得とも幅が少ないため取引を頻繁に繰り返すことになる。

片手間にトレードするというより、投資に対して真剣に取り組むトレーダー(投資家)向きで、トレード中は他の事を何もできない。

取引量が多く売値と買値の差が小さい相場や銘柄でスキャルピングは行う。

語源は「頭の皮を剥ぐ」というところから来ており、薄く皮を剥ぐように利益を得ていく様子を表現している。

■デイトレード

スキャルピングよりもう少し時間が長く取引をその日のうちに完結させるスタイル。

基本的には翌日にポジションを持ちこさない。外出や眠る際にはポジションを決済しておくスタイル。株・為替のオンライントレードが広まるにつれてデイトレーダーと呼ばれるスタイルの投資家が増えた。スキャルピングやデイトレードは比較的少なめの資金でも取引できることから資金効率が良い。

■スイングトレード(ウィークトレード)

数日から一週間程の期間、ポジションを持つトレードスタイル。デイトレードやスキャルピングのようにパソコンの前で長時間トレードを行う必要はない。

スキャル~スイングのトレードスタイルは、短期間の売買になることからテクニカル分析を売買判断に使う事が多い。

■ポジショントレード

スイングより期間が長く、数週間から数カ月にわたってポジションを持つスタイルです。

売買回数は少ない分、大きな利幅を狙うことが特徴です。

日足・週足・月足といった長い期間のチャートを分析して、相場の転換点をとらえることに重点を置きます。

テクニカルに加えてファンダメンタルズ分析にも力を入れた方が良い。

■長期保有(バイアンドホールド)

数年単位で保有することを考えるスタイルで、短期売買によるキャピタルゲインより長期保有によるキャピタルゲインや配当などのインカムゲインを重視する。

テクニカルよりファンダメンタルを重視する投資家が多く、なぜその銘柄を保有するか?に重点を置いた分析を行う。

欠点として資金効率の悪さや値下がり時の損失が大きくなりやすいことがあげられます。

■スワップポイント狙い

FX(外国為替証拠金取引)において外貨預金の金利にあたるスワップポイント収益を得ることを目的とした取引スタイル。

低金利の国の通貨を売り(日本・スイス)に対して高金利の国(オーストラリア・ニュージーランド)の通貨を買うことで、二国間の金利差を得ることができる。

■株主優待狙い

企業が自社の株主に対して、配当以外に自社製品やサービス・特典などを提供するサービス。利回り換算すると数パーセントになる場合もあることや自分の好きな会社の好きな商品・サービスを得られることから人気が高い。

■アービトラージ

裁定取引、サヤ取りとも呼ばれる。

価格や内容が似ている商品の価格に通常以上の価格差が生じている場合、その価格差を利用する取引。高い商品を売り、安い商品を買うことで、価格差が縮小すれば利益を得ることができる。

株式の先物価格と現物価格の差、商品市場の金と白金の価格差、商品市場の限月間の価格差などが利用される。

■システムによる自動売買(システムトレード)

一定の売買ルールに基づいて自動的に売買を行う取引方法。シストレと略される。

一定の売買ルールは、ほとんどの場合、複数のテクニカル分析を利用して売買の規則を決め条件を満たした場合に売買を行うようにプログラム化されます。

売買は自動で行われますので自身による売買を行いません。

人間の恣意的な判断(裁量)が入らないことで冷静に売買を行うことができます。

システムトレードで利用する売買ルールは、自分で開発することもできますし、他人が開発した売買ルールを利用することもできます。

■リスクヘッジ

自身の保有する資産に対して保険をかけること。

将来どうなるか分からないこと=リスクに対しての行動全般をリスクヘッジといいます。

リスクヘッジの例:日本円の資産だけでは、日本に何か起きた時にリスクが高い。そこでドルやユーロで資産を持つ。

金(Gold)をゴールドバーで持っていて金の値下がりリスクをヘッジするために金の先物を売る

このページの先頭へ