損切り(ストップロス)を利用して損失をコントロールしましょう

損切り(ストップロス)は、相場・投資において最も大切なことです。あなたの大切なお金を守るためには損切りを使いこなすことが必要です。

自分の考えた方向へと価格が動かずに、含み損が増えていく事ほど、嫌なことはありません。

・ここまで下がったら売ろう
・ここまで上がったら買おう
・下がるか上がるか

悩みの種がどんどん増えていきます。しかも、損切りは難しく、頭ではわかっていてもその通りにできない事が誰にでも起こってしまいます。

含み損は、あくまでも数字上の計算で、決済しなければ損にならないという人もいますが、大きな間違いです。

含み損のマイナス点

・確定した損失は、それ以上大きくなりませんが、含み損は今後も損失が大きくなる可能性があります。

・資金が動かせなくなり、他に有望な投資機会が見つかっても参加できない(機会損失)

・観方が偏り、自分に都合の良いニュースを探そうとする

・精神的に良くありません。大きな含み損は、仕事や家庭にまで悪影響を及ぼします

大きな含み損を避けるためには、取引を始めた時(新規にポジションを持った時)に利食いポイントと損切りポイントを決めておくことです。

新規の時に利食いと損切りを決める

最初から決めておかないと、損失が膨らんだ時点で「いつ損切りするか」を決めるのは心理的に困難です。

 損切りをしない方がいい?

実は、損切りをしないことで助かるケースは多々あります。

価格は一直線に暴落・暴騰をすることや明確なトレンドができる時より、上がったり下がったりの上下動を振り子のように繰り返している事の方が多いのです。

つまり、損切りせずに黙って耐えていると価格が戻る可能性の方が高く、含み損を取り戻せます。

1回の損が大きすぎる

しかし、何度か損失が戻る事を繰り返していると、少しづつ、行動が大胆になり損切りポイントが来ても。もう少しもう少しと耐えるようになってきます。

そうなった時が危ないのです。急な相場の動きやトレンド転換により1回の取引で取り返しのつかないような大きな損失を出して辞めていった人は大勢います。

相場で怖いのはたった一回の過ちで全てを失うことです。

売買を繰り返すことで、取引に慣れることと利益・損失それぞれに心を穏やかにして冷静に判断を下すことを心がけましょう。

100万円を投資して、2万円や3万円損したならば、冷静に判断ができますが、30万そして40万と損失が膨らんでくるともう駄目です。少しでも戻ったら損切りをしよう・損失が回復する方向のニュースや意見はないかと探し続けているうちに、もういいやと無かったことにしてしまいます。

少しの損なら損切りできても、大きな損ほど損切りできないのが人間心理です。そして、大きな損失の時程、相場は思い通りに動いてくれません。

ロスカットと追加証拠金

FXや商品先物取引のように取引金額の全額を預けずに、一部の証拠金で取引を行う時には、損失が預けた金額以上に出ないように、ロスカットや追加証拠金制度があります。

このページの先頭へ