ばんせい証券のブラジル国債は、ブラジルレアルと日本円を交換する為替手数料が高い

ブラジルは、新興国のなかで経済発展の可能性が高く、利率が高い国で、実際、10年国債の利回りは、9.91%です。(2012年8月13日)

そこで、ブラジル国債や投資信託に投資を行う人が増えています。日経新聞にもばんせい証券が取り扱うブラジル国債の広告が頻繁に登場しています。

10年国債利回り比較(2012年8月13日)

・日本:0.79%、米国:1.65%、ドイツ:1.38%、オーストラリア:3.28%、ブラジル:9.91%

日本・米国・ドイツなどに比べてブラジルの利回りの高さが際立ちます。 同じ100万円を預けても日本だと、7900円、ブラジルだと9万9100円ですからね。

ただし、そのまま100万円の日本円を預けられず、ブラジルの通貨に交換するコストがかかります。

ばんせい証券のブラジル国債の主な概要

主な商品概要

○ブラジル連邦共和国-国債(ブラジルレアル建米ドル決済型 / 既発債券)

・発行者:ブラジル連邦共和国
・利率:年:8.50%(税引き前)
・お申込単位:額面3万ブラジルレアル以上
・販売価格:変動する
・通貨:ブラジルレアル

主なリスク

・価格変動リスク:債券価格は変動します。

・為替リスク:ブラジルレアル相場は変動します。

・信用リスク:発行体の債務不履行などのリスク

・カントリーリスク:通貨発行国のリスク

・流動性リスク:換金や途中売却についてのリスク

ばんせい証券のブラジル国債の注意点

利率を見ると年率8.50%と非常に良い数字です。

ブラジルレアル建ての為替リスク

問題は、ブラジルレアル建てという点です。

ブラジルレアル建てのため、通貨「ブラジルレアル(BRL)」の変動リスクがあります。

●ブラジルレアル/円の日足チャート(BRL/JPY)

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト

現在は、38.799円前後と2008年の高値から、かなり安くなっていることから、安値圏ということもできます。

ただし、今後、さらにブラジルレアルが安くなる可能性もありますので、為替リスクには注意が必要です。

過去の価格から見るとこれ以上、ブラジルレアルが安くなる可能性はない=なんてことはありません。ここは、セールストークで安値圏にあるから安全ですと言われそうな箇所ですからご注意ください。

●最新のブラジルレアル/円(BRL/JPY)のチャート

 

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト

 

ブラジルレアルの為替手数料

ブラジル国債の、一番の問題は、ブラジルレアルと日本円を交換する為替手数料です。ばんせい証券のブラジル国債は、ブラジルレアル建てですので、お持ちの日本円をブラジルレアルに交換します。そして、最終的に、ブラジルレアルを日本円に戻さなければいけません。

この為替交換手数料が大きいのです。

都市銀行に比べて為替手数料の安いソニー銀行のブラジルレアルと日本円の交換手数料は、片道1円(100銭)です。これは、1ブラジルレアルあたりの為替手数料となりますので、10万ブラジルレアル(約380万円)だと、10万円の手数料です。100万円の10%の利回りは10万円ですから!

●日本円→ブラジルレアル→日本円

この場合、合計で二円、為替手数料が取られます。

ばんせい証券のホームページには、為替手数料は、下記のように記載されています。

本債券の売買にあたり円貨と外貨を交換する際には、約定日に外国為替市場の動向をふまえて弊社が決定する為替スプレッドを加味した為替レートを適用するものとします。当該スプレッドに関するご質問は、弊社担当者もしくは最寄りの弊社店頭にてお尋ねください。出典:ばんせい証券

片道一円以上の為替手数料がかかるかもしれません。もし、購入をご検討の場合は、ここをしっかりと聞いておきましょう。

為替手数料を比較(外貨預金とFX

ブラジルレアル建て国債・債券の注意点のまとめ

ブラジルレアル建ての国債や債券は、魅力的な利回りに惹かれて購入する方も多いと思います。

そこで、特に、ここまで説明しました下記の二点にご注意ください。

1.為替リスク:ブラジルレアルが高くなるか安くなるか?それにより利益・損失が発生する。

2.為替手数料:為替手数料は、意外に高いもの。約38円〜40円の商品に対して1円以上の手数料が取られると心得てください。

このページの先頭へ