媒介契約と家を売却したい時の不動産会社選びのポイント

不動産を売却する場合、個人同士で売買することは少なく、不動産会社に売買を任せることになります。不動産会社と物件売却依頼をするときの契約が「媒介契約」です。

媒介契約とは

不動産業者に不動産の売却・購入の仲介を依頼する場合は、必ず媒介契約を結びます。

媒介契約は宅地建物取引業法によって定められており、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。どの方法で契約するかは、依頼主(売主)が選択することができます。

3つの媒介契約の違いや特徴は、「専任媒介と一般媒介」でご確認ください。

媒介契約はどれを結ぶのが良い。

一般媒介と専任媒介のどちらが良いかについては、メリットとデメリットがそれぞれありますが、理想は、信頼できる不動産会社で専任媒介契約を結び、しっかりと売ってもらうことです。

媒介契約を結ぶ不動産会社の選び方

1. 会社の得意な物件に合致するか
その会社がどの分野を得意としているか?賃貸物件が得意な会社、マンションが得意な会社など様々な特徴がありますので。一戸建てを売りたいなら一戸建てに強い会社を選びましょう。

2. 物件の販売手法
物件の販売はどのようにするのか?チラシ・インターネット・オープンハウスなど販売方法を聞いておきましょう。

3. レインズへの登録
不動産業者の流通システム「レインズ」に登録してくれるかを確認しましょう。大手不動産業者でレインズより自社ネットワークの方が売りやすいと話すところもありますが、その業者の自己都合である事がほとんどです。

4. 物件の見積もり
何件かの不動産業者に価格を査定してもらい、一番、高いところと契約を結ぼうとお考えの方はちょっとお待ちください。査定価格で売れるわけではありません。

買うのは一般のユーザーですから、査定価格が一番高い業者に頼んで契約した後に売れなかったら値段を下げていくことになりませんか?結果的に良い業者に頼めない事になることもありますので、価格だけで決めないようにしましょう。

5. 営業マンの専門知識
税金や物件の知識、不動産相場の知識など、様々な質問をして相手の専門知識を確認しましょう。質問は自分の知らない事を聞くだけではなく、相手の知識を確かめる意図でも行いましょう。

※ インターネット上で査定や媒介契約を行うこともできます。
実際にどの不動産会社を選ぶかは悩むポイント。そこで、利用しやすいのが【不動産査定エージェント】。インターネットを利用した査定と媒介契約を結べるサイトです。

不動産の売却

このページの先頭へ