元本保証で安全にお金を貯めるために預貯金を活用

預貯金は、元本保証が最大の特徴となる金融商品で、お金を預ける・運用する際の基本となります。

また、取り扱い金融機関が経営破綻しても預貯金は、預金保険制度により保護されます。

預貯金は、全国の金融機関で取り扱われています。

銀行系(銀行・信用金庫等)が預金

郵貯系(ゆうちょ銀行・郵便局・JA等)を貯金と呼びます。

預貯金の種類

預貯金は、大別すると二つの種類に分けられます。

・流動性預貯金・・・期間の定めがなく出し入れが自由(普通預金・当座預金など)

・定期性預貯金・・・預入期間に定めがある(定期預金など)

預金や貯金の種類と特徴は下記をクリック

預金

貯金

総合口座

総合口座は、普通預金残高より多くのお金が必要になったときなどに自動的に定期預金・国債等を担保に融資を受けられるサービスがあります。

総合口座の申し込みは普通預金口座を開設時に併せて行います。

利子と税金

預貯金の利子は、原則、一律20%の源泉分離課税が適用されます。ただし、障害者・高齢者を対象として非課税制度もあります。

インターネットバンキング(銀行)

近年、店舗を持たないインターネット銀行が増えており、預貯金の金利を高くすることで顧客を集めています。金利を高くできる理由は店舗を持たない分、経費を節約できることにありますので、検討に値します。

このページの先頭へ