預金の種類と特徴:普通や預金、当座の違い

預金や貯金には、様々な種類がありますので、詳しい内容を見ていきましょう。

普通預金

特徴:期間の定めがなく、いつでも自由に出し入れが可能な預金です。
給与の自動振込・公共料金などの自動引き落としに利用することができますので、日常生活で最も使う預金口座です。

利子はほとんどつきませんので、お金を増やす目的には向きません。
保証:預金保険制度の対象となりまので安全性の高い預金です。

○無利息普通預金

無利息普通預金は利息がつかず、普通預金と同等に決済用途に使える普通預金です。

この預金は預金保険制度の対象で万一の時には全額保護されます。

貯蓄預金

一定額以上の残高を保てば、普通預金より少し高い金利を適用される預金です。

出し入れも自由なことから、財布代わりに使うことができますが、普通預金と異なり、公共料金やクレジットの自動支払い・給与の自動受け取り口座としての利用はできません。

また、残高に応じて金利がアップしていくタイプもあります。 預金保険の対象口座です。

当座預金

当座預金は、主に企業や個人事業主が業務上(営業資金等)の支払いに利用する無利息の預金です。現金の代わりに「小切手」や「手形」で支払いをする際に活用します

主に企業が営業資金の決済用口座として利用しています。

当座貸越契約を結ぶことで、一定限度まで融資を受けることができます。

通知預金

通知預金は、まとまった資金を預ける場合に、普通預金よりも高い金利で運用することができる預金です。お金を引き出す場合には、預入後最低7日間は据置く必要があり、少なくとも2日前には通知することになっています。

通知預金は、個人でも法人(企業)でも利用できますが、普通は企業が利用するケースが多く、用途としては、近い将来にその資金を引出すことが決まっていて、その時期まで資金を運用したいときなどに使います。
土地の売却代金や売上代金など、まとまった資金を運用期間が決まるまでしばらくの間だけ預けておく場合などに使われます。

納税準備預金

納税用のお金に限って預けることができる預金です。

個人および法人が利用でき、通常、利率は普通預金より高く、また納税(租税納付)のために預け入れるため、利子は非課税となっています。
本預金への預け入れはいつでも可能ですが、引出しは原則として納税に充てる時に限ります。納税以外の用途で引出と20%の源泉分離課税が適用されます。

スーパー定期預金

スーパー定期は、満期(期間)の定めがある金融商品(定期預金)です。満期日まで原則として引出しが出来ず、流動性が制限される分、普通預金より金利が高いことが特徴です。

預入金額が300万円未満が「スーパー定期」、300万円以上のものを「スーパー定期300」と呼びます。

一般に預入期間は、1カ月以上最長10年までの間となり、まとまった資金を一括して預け、満期日まで運用し続ける預金です。

また、金利については、各金融機関が任意に設定(市場金利の動向等に応じて毎日決定し、店頭に表示)し、預入時の利率が満期日まで適用されます。

満期後に、自動継続にする手続きを取ることもできます。

大口定期預金

最低預入金額が1,000万年以上の大口の定期預金です。満期は、1カ月から10年まで様々な期間を設定できます。

まとまった資金を一括して預け、満期まで運用し続けることが前提となります。

定期預金の中で一番金利が高く、預入金額等によっては、金融機関との交渉により、金利の上乗せも可能なことがあります。

積立定期預金

定期預金は、預入時にお金を一括して払い込みますが、積立定期預金は、毎月、一定額を普通預金から振り返ることで積み立てを行い、計画的にお金を貯めることを目的としている定期預金です。

契約期間は、6か月以上5年以内が一般的で、金利は預け入れた時に確定する固定金利商品です。

一般に積立定期預金は、他の定期預金と比べて、金融機関によって商品内容が大きく異なりますので、利用の際には自分のニーズにあったものをしっかりと選択することが大切です。

毎月、決まった額を積み立てることを長期間、継続すると効率よくお金を貯めることができますので、資産運用に関心が薄い人にもお勧めの定期預金です。

期日指定定期預金

期日指定定期預金は、自由に満期日を指定できる定期預金です。 ただし、預入後、1年間は据え置き期間として引出ができません。

通常の定期預金が預入時に満期日を定めるのに対して、本預金は預入時に満期日を定めず、据置期間経過後に引出し希望日(満期日)を指定することにより、いつでもペナルティなしに引き出せるのが大きな特色となっています。

最長預入期日は3年以内が一般的で、一年間の据え置き期間経過後、3年まで任意の日を満期日として指定します。

一般に期日指定定期預金は、預入時の金利が満期まで適用される固定金利商品で、その利率は各金融機関が任意に設定しています。また、利息は預入期間に応じて1年複利で計算され、満期日以後に一括して支払われる仕組みとなっています。

このページの先頭へ