損失の可能性もある株式投資のリスク

株式投資は、証券会社や様々な情報を参考に行いますが、最終的には自分自身の判断、責任で売買の決断を行います。=自己責任

株式は、高いリターンが期待できる反面、リスクも高い金融資産であるため、株式投資を行う人は、投資に伴うリスクを十分に理解することが大切です。

株式投資のリスク

株式投資には「価格変動リスク」「信用リスク」「流動性リスク」「売買規制」などのリスクがあります。

(1)価格変動リスク

価格変動リスクとは、株式の価格が上昇したり、下落したりすることです。
株式を買った後に、株価が上昇すれば利益が生じ(キャピタル・ゲイン)、株価が下落すれば損失が生じます(キャピタル・ロス)。
価格変動を引き起こす原因はさまざまですが、主なものとして景気動向、企業業績、金利、為替相場、物価などがあげられます。

(2)信用リスク

株式を発行した企業が倒産するリスクのことです。株式を発行した企業が倒産すると、株価は下落し売却することも難しくなります。買収・再生等で株価がその後に上昇する可能性もありますが、株券の価値はほぼゼロになります。

(3)流動性リスク

上場企業が、上場中止を申請した場合や、重大な問題等により公正な価格を維持するのが困難になった時などに売買が停止されます。

保有している株式の上場が廃止や停止されると、取引所で売買できなくなるため、売買が難しくなり、価格的にも安値でしか取引ができなくなります。

(4)売買の規制

取引所では、株式ごとに、1日の株価の変動幅を、前日の終値などから上下一定範囲に制限するという規制を設けています(これを「値幅制限」といいます」)。このような場合、値幅制限を超えた値段で売買したくても、取り引きは成立しないことになります。

また、取引所は、市場が混乱した場合などに値幅制限を縮小したり、状況によっては株式の売買を停止するといった措置を行う場合もあります。

このように、取引所による売買の規制のため、株式の換金が思うような値段で行えない場合があり、これも株式投資のリスクといえます。

リスク回避方法

1. 経営規模が大きく流動性の高い株式の購入
新興企業や中小株式は、経営上に問題が起きる可能性や景気・技術の変化に弱い傾向があります。
リスクを小さくしたい場合にはマザーズ・ジャスダックといった新興市場より東証1部上場でかつ企業規模が大きい会社を選びましょう

2. 分散投資
■購入時期の分散
株価は上下動を繰り返しながら上昇・下降します。そのため、一時的な高値(相場の山)で買ってしまうことがあります。
購入時期を分散すれば、購入価格も分散するため平均的な価格になる可能性があります。
ドルコスト平均法という購買方法もあります。

■銘柄の分散
今後、建設業界が伸びると考えて○○建設を買った場合を考えましょう。
予想通り、建設業界全体は伸びても自分の買った○○建設は競争に負けたり、会社の不祥事で業績悪化し株価が下落する可能性もあります。
そういった事態を避けるために複数の会社に投資することでリスクを分散することができます。

このページの先頭へ