RSIは相場の強弱を示すオシレーター

日々の値動きから為替相場の強弱を表わす指標のオシレーターで、逆張りのテクニカル分析の代表です。
オシレーター系指標の中で、ストキャスティクス・MACDとともに投資家・プロディーラーの間で高い頻度で利用されています。

RSIとワイルダー氏

1978年に、米国の投資家ワイルダー氏が公表したテクニカル分析です。

終値の前日比での上げ幅(下げ幅)に注目し、相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを示すRSI(相対力指数)を発表しました。

RSIの基本的な見方

70以上は買われ過ぎで利食い圏内、80を超えると相場下落のリスク

30以下は売られ過ぎで抵抗感が出てくる。20を割ると反発する可能性がある。

RSIは、このように逆張りの目安として利用されています。

また、ワイルダー氏は、RSIのほかにもDMI・ADX等のテクニカル分析指標を開発しています。

RSIの売買ポイントをチャートで表示

RSIの公式

RSI=100-(100/(1+RS))

RS=上昇幅のX日平均/下落幅のX日平均

Xの値(日数)を変えるとオシレーターの感度が変わります。

日数については、通常は14日を使いますが9日を使うこともあります。

日数を変えた複数のRSIを計算し短期~中期~長期の関係を見る使い方もあります。

RSIの注意点

RSIは、価格が上昇したところで買われすぎサインを出すため、相場が保ち合いとなっている時に効力を発揮しますが、上下どちらかの方向にトレンドが発生していると、売りサインのまま上昇を続けることも多いため、他のテクニカル分析や相場の状況を判断しながら利用することが必要です。

RSIの逆行現象(ダイバージェンシー)

価格とRSIが反対の方向に動くことを逆行現象といいます。

価格が上がればRSIも上昇するのが普通のため、価格が上昇しながらRSIが下落するまたはその逆の場合は、少し注意が必要です。

のこの現象が30%以下または70%以上の時に発生すると、そのトレンドが終了することを示唆していると言われています。

ワイルダーのテクニカル分析入門――オシレーターの売買シグナルによるトレード実践法 (ウィザード・ブックシリーズ)
ワイルダーのテクニカル分析入門――オシレーターの売買シグナルによるトレード実践法 (ウィザード・ブックシリーズ) J・ウエルズ・ワイルダー・ジュニア J. Welles Wilder Jr. 長尾 慎太郎

パンローリング 2002-05-06
売り上げランキング : 235221

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このページの先頭へ