ピボット(PIVOT)によるテクニカル分析

ピボット(PIVOT)はJ・W・ワイルダーによって考案されたテクニカル指標です。元々、商品先物取引の分野で頻繁に利用されていました。

ピボットとは

前日の価格を用いて当日のサポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)の水準を予測しようという指標です。

デイトレーダーなどの短期売買を行う投資家向けの分析指標と言えます。ピボット計算機を用意していますのでご活用ください。

ピボットの計算方法

R3(レジスタンス3・HBOP) = 2 × P - 2 × 安値 + 高値

R2(レジスタンス2) = (P - S1) + R1

R1(レジスタンス1) = 2 × P - 安値

PVT(ピボット) = (高値 + 安値 + 終値) ÷ 3

S1(サポート1) = 2 × P - 高値

S2(サポート2) = P - (R1 - S1)

S3(サポート3・LBOP) = 2 × P - 2 × 高値 + 安値

※HBOP : High Break Out Point

※LBOP : Low Break Out Point

※P : PVT(ピボット)

出典:上田ハーローFX

ピボットの見方

基本的なポイントは計算してでてきたサポートラインに達したら買いレジスタンスラインに達したら売りというスタイルです。

損切りを行う場合

S1(サポート1)、S2(サポート2)で買った場合には、S3(サポート3)を下抜けたら損切ります。
また、R1(レジスタンス1)、R2(レジスタンス2)で売った場合、R3(レジスタンス3)を上抜けたら損切りを行う指標となります。

S3(サポート3)を下抜け、R3(レジスタンス3)を上抜けするポイントで逆張りをする方法もありますが、サポート3やレジスタンス3を抜けるようなケースは相場が荒れていると見なして見送ることや他のテクニカル分析指標を確認した方が良いでしょう。

思わぬニュースや情報で突発的な動きになっていることもありますので、要注意です。

ピボットの考え方

ピボットは、当日(前日)の数字から明日(本日)の相場予測を行います。

相場で最も大切なのは前日であり、さらには、急激な上昇や下落が起こる日は限られています。

サポートやレジスタンス・ピボット・フィボナッチなどの考え方や目標値を把握しておくことは、相場分析と心理的に役に立ちます。

なぜなら、実際にチャート上で値動きを見ていて、上昇をし始めるとどこまでも際限なく上昇するような気になってしまうからです。下落時には、同じく際限なく下落するような気になります!

ところが相場は、大抵の場合、一気に下落・上昇せずに日をかけて(日柄・時間)、上昇(下落)していきます。その時に前日の動きから計算するピボットで目標値を計算しておくと、気持ちを落ち着けて取引ができます。

FX最強のテクニカル しろふくろうのPIVOTトレード術 (WINNER’S METHOD SERIES)

新品価格
¥1,890から
(2012/5/23 11:27時点)

ピボット計算機

マネーアイデアサイトでは、ピボット計算機を用意していますのでご利用ください。

下記は計算の例です。

●ドル/円のピボット計算例

ピボット計算機

ピボットポイントの計算結果

ピボットの計算結果

ピボットポイントとなる「79.571」を中心にサポートとレジスタンスが計算されました。この数値を、サポートやレジスタンスのポイントとして相場を見ていくことができます。

テクニカル分析の中でも分かりやすい指標となりますので、初めての方でも利用しやすいツールです。

このページの先頭へ