ボリンジャーバンドとは統計学を利用した分析手法

ボリンジャーバンドは、ジョン・ボリンジャー氏が1980年代に開発したテクニカル分析手法です。

移動平均線とその標準偏差(±1σ、±2σ、±3σ)をチャートに重ねて描くことで価格の上下にバンドを描きます。

移動平均および標準偏差のラインと価格の関係から、今後の値動きを予測します。

ボリンジャーバンドと統計学

統計学上、移動平均線±1σ内には68.27%、平均線±2σ内には95.45%、平均値±3σ内には99.73%の確率で価格は収まります。

つまり、±2σの範囲を飛び出す確率は5%にも満たないということです。

ボリンジャーバンドの売買ポイント

ボリンジャーバンドを使った売買

そこで、-2σラインや-3σラインに下値が接近、あるいは割り込むと「売られ過ぎ」と判断して買い、逆に+2σラインや+3σラインに上値が接近、あるいは突破すると「買われ過ぎ」と判断して売りスタンスを取る方法が有名です。

ただし、1分足や5分足などの短い時間軸のチャートだと、頻繁に±1σや±2σを飛び出します。

さらに、ボリンジャーバンドのバンド自体も価格の動きに合わせて上下しますので、価格が上昇すれば、バンドも上昇します。

価格が最初に+2σのバンドに達したところで売っても、その後、価格とバンドが上昇し、結果的にバンド内の動きとなる事もあります。

ボリンジャーバンドの幅

ボリンジャーバンドは変動率(ボラティリティ)を重視するテクニカル分析です。

特に狭かったバンド幅が広がり始めた時はトレンドの転換点として重視します。この時には、逆張りではなく順張りでトレンドを生かした取引を行います。

・バンド幅が狭い時=こう着状態で相場は揉みあい
・バンド幅が広い時=変動率が高く相場は荒れ模様
・バンド幅が広がる時=こう着状態が終了し明確なトレンドが生じる

パターンの識別

ボリンジャーバンドでは、ダブルボトムやダブルトップといったパターン分析に利用することもあります。

ジョン・ボリンジャーの著作によると、ダブルボトムの理想的な例は次のような形となります。

最初の安値は、ボリンジャー・バンドの株バンドの外側まで下がり、二回目の安値は、バンドの内側で止まるだろう。最後の安値が、絶対値の上で新しい安値になっていても、それは相対的な意味で安値ではない。

ボリンジャーバンドとダブルボトム

1回目の安値がバンドの外側、二回目の安値がバンドの内側に止まっています。

標準偏差:σ(シグマ)の計算式

=√(n×n日間の終値の2乗の合計?n日間の終値の合計の2乗)/(期間×(期間?1))

±1σライン・・・移動平均線の数値±標準偏差

±2σライン・・・移動平均線の数値±2×標準偏差

±3σライン・・・移動平均線の数値±3×標準偏差

ボリンジャーバンドの計算式は特に覚える必要はありません。

より詳しくボリンジャーバンドを知りたい方は、開発者自身が書いた本がおすすめです。

ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ)
ボリンジャー・バンド入門 ― 相対性原理が取り明かすマーケットの仕組み (ウィザード・ブックシリーズ) ジョン・A・ボリンジャー John A. Bollinger 長尾 慎太郎

パンローリング 2001-12-22
売り上げランキング : 63339

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このページの先頭へ