2013年の世界経済の注目ポイントで市場のトレンドを知っておこう

2013年の世界経済のポイントは何か?どのように動く可能性があるのか?2013年の経済関係の予定表もあわせてご覧下さい

2013年の世界経済

・サブプライムからリーマンショックまでのバブル崩壊の影響

・アラブの春などに類似した暴動が新興国で怒る可能性

・リスクオンとリスクオフで動いた2012年から2013年は?

・グローバル化による国内経済格差

・世界が保護主義やブロック化に向かうかどうか

金融緩和による通貨安戦争の行方

・新興国のインフレや失業率・不況

世界の株価指数

●世界の株価指数(2013年1月4日~1月7日)、最新のリアルタイムの株価指数を知る


2013年の米国経済

米国政府の債務上限を巡る攻防

・実質GDP成長率は、1.5%~2%前後を予測する向きが多い。2012年は2.1%

・住宅市場の回復傾向

・企業活動は低迷している

・金融緩和は2015年半ばまでから、失業率とインフレをターゲットに変化

少子高齢化と人口増加のバランス

・シェール革命による石油生産国化

2013年の欧州経済

・緊縮財政による景気悪化はあるか

・ECBによる国債買い入れプログラム(OMT)は発動されるのか

南欧の失業率や産業競争力は改善されるのか

ギリシャとスペインの債務危機の行方は

・EUの統合はどこまで進むのか

2013年の中国経済

・2013年の中国GDPは、目標(年平均成長率7%)を超えられるか

尖閣諸島の領有権問題は

・習近平国家主席の指導力は、(次期チャイナセブン)

・都市化の推進と住宅政策

・不動産税や相続税の導入や不動産価格の抑制

・人民元の国際化や金利自由化は進むのか

2013年のインド経済

・インド経済の減速:GDP成長率が5%台に低下

・インフレ率のコントロール

・海外からの直接投資減少

・小売業の外資規制緩和による流通の効率化

・財政再建路線を継続できるか。できないと長期信用格付け「BBBマイナス」の低下可能性

2013年の中南米経済

アルゼンチン経済

・アルゼンチンの債務危機の行方は

・干ばつによる穀物生産と輸出状況

・20%を超える高いインフレ率はどうなるか

・経済統計に不正がある可能性

メキシコ経済

・中国の人件費上昇による賃金格差縮小

・工業品輸出の好調は続くのか

・米国の財政の崖はリスク

ブラジル経済

・連続10回の利下げによる金利低下の影響

・個人向けローンの焦げ付きが問題

資源相場の低迷による成長率低下

・中国向け輸出の低迷と改善されるかどうか

2013年のASEAN経済

・世界景気低迷の影響を受けて減速傾向

・タイやマレーシアの減速とインドネシアやフィリピンの成長

・日本企業の中国からASEANへの生産拠点変更

・都市化がどこまで進むか

・タイの労働者不足

・ミャンマーの軍政から民政への移行

2013年の中東経済

・アラブの春によるシリア内戦の今後、アサド政権崩壊は?

・各国の政治的安定度はどうなるか

・イランの核開発問題とイスラエルによる攻撃の可能性

・2013年6月イラン大統領選挙、アフマディネジャド大統領の退任

原油価格の動向

・石油収入への依存度が上昇しつつある

・ユーロ危機など世界景気の状況

・エジプトの新体制の行方、モルシー大統領の方向性は

2013年のアフリカ経済

・近年の資源価格高騰による高成長が続くか

・人口と資源の多いナイジェリアなどの成長

・南アフリカの人件費上昇問題、プラチナ鉱山などのストライキ問題

・南アフリカのズマ政権の二期目の先行き

このページの先頭へ