AIファースト:グーグルが目指す新たな世界はデバイスがインテリジェントアシスタントへと変わっていく

検索エンジン最大手のグーグルは、今後の方向性として「モバイルファースト」から「AIファースト」へと変化していくと、グーグルCEOのサンダー・ピチャイ氏が公式ブログで明らかにしました。

2016年の人工知能(AI)は、囲碁ソフト「アルファ碁」が、世界最強の囲碁棋士「」に勝利するという歴史的な幕開け。このアルファ碁こそGoogle傘下の DeepMind社が開発した人工知能。

人工知能と将棋


AIファーストの世界に変わる

グーグルの検索エンジンは、すべての人に情報と知識をというミッションの元に、モバイルファーストへと変化してきました。そして、今後はデバイスという概念が消えて、コンピューター自身が私達を助けてくれるインテリジェントアシスタントに変化するというのが次の世界。

グーグルCEOのサンダー・ピチャイ氏からのメッセージを新野淳一氏が訳して紹介してくれています。

Looking to the future, the next big step will be for the very concept of the “device” to fade away. Over time, the computer itself—whatever its form factor—will be an intelligent assistant helping you through your day. We will move from mobile first to an AI first world.

将来に目を向ければ、次の大きなステップはデバイスという概念が消えていくということだろう。いずれコンピュータ自身は(それがどのような形態だろうと)日々私たちを支援するインテリジェントアシスタントになっていく。私たちはモバイルファーストの世界からAIファーストの世界へ移っていくつもりだ。Publickey

グーグルの目指すAIファーストの世界では、コンピューターは、人口知能を備えることで、私達をより助けてくれることになる。つまり知性を備えたサポート役!

  • 今はパソコンやスマートフォンを人間が操作することで、適切な回答を得たりプログラム通りの仕事をしてくれる。
  • AIファーストでは、コンピューターは、みずからの力で人間を助けてくれる。

スターウォーズのR2-D2やC-3POが私達の前に現れるのも時間の問題ということになりそうです。その世界では、人間はロボットやアンドロイドに対して、おおざっぱな命令や依頼をするだけで、内容を理解して目的を達成してくれます。細かい指示を与えずに人間同様の機能を有するのがいずれ現実のものになるのでしょうか。

R2-D2

グーグルが目指す方向性

  • Webページ検索中心からモバイルに転換
  • インターネットで動画・音楽・ゲームといったエンターテインメントを楽しめる
  • コンピューターからモバイル、腕時計などに広がりを見せている
  • デバイスからインテリジェンスアシスタントへ=AIファースト
  • 運用の自動化・機械学習でオフィスの生産向上に役立つツールに
  • テクノロジーを誰でも使えるようになる

コンピューターは人工知能の進化で、機械からアシスタントへと変化するのでしょうか。

スターウォーズのように人間の手助けに止まるのか、ブレードランナーのレプリカントのようになっていくのか。それはまだ先の未来に人工知能が意志や心を持った時。

スピンオフのローグワン予告編

しかし、ここまで情報が進化していくと、情報に接することができる人とできない人で、とんでもない差が広がってしまいますね。グーグルは全ての人に情報とテクノロジーを使える環境を提供するミッションを持つことで、その問題を解決しようとしています。

このページの先頭へ