史上最高の63億円で落札された【オッペンハイマー・ブルーダイヤモンド】

スイスジュネーブで落札されたフィリップ・オッペンハイマー氏が所有していた14.62カラットのブルーダイヤモンド。その金額は史上最高値の5754万ドル(約63億4,000万円)。

たった一個のダイヤモンドに凄いお金が動くものです。競売大手のクリスティーズによると、匿名の落札者が開始後20分程で入札。

オッペンハイマー・ブルーダイヤモンド

ファンシービビッドブルーというダイヤの中でも希少な種類で所有者のフィリップ・オッペンハイマー卿お気に入りの一つ。元々英国のミラーに掲載された記事をエウロパ通信様が翻訳しています。リンク先にオッペンハイマーブルーの写真がありますが、美しいダイヤモンドです!

オッペンハイマーは、ダイヤモンドのディーラーで競走馬の所有者であり、ロンドンのダイヤモンドシンジケートのオーナーでした。

フィリップ卿は、彼が望んだどんなダイヤモンドだろうが保持できましたが

“完璧な色相、非の打ちどころのないプロポーションと素晴らしい長方形の形状”の理由により、この巨大な長方形の宝石を選びました。

これは、非常にまれな媒質「ファンシービビッド」とみなされています。

採掘されたダイヤモンドの中でブルーダイヤモンドは0.1%を占めます。その中でもさらに1%が鮮やかなファンシーでした。

エウロパ通信

通常のダイヤは無色透明が最も価値が高い。しかし、ピンク・ブルー・グリーン・レッドなど美しい色を持つダイヤモンドは希少価値があり金額も高い。ホウ素を含むとブルーダイヤモンドになる。

ダイヤモンド

ブルーダイヤモンドは非常に希少です。 通常、僅かにグレーがかっているので、ブルーサファイアのような高い彩度を示すことはめったにありません。 色はホウ素の不純物によるもので、より多くのホウ素を含むほど深いブルーとなります。ファンシーカラーダイヤモンドの品質:GIA

希少なブルーダイヤモンドの価値は高く、以前にオークションに出たジョゼフィーンのブルームーンは4840万ドル!

昨年11月には競売大手サザビーズ(Sotheby’s)の競売で、香港の富豪ジョセフ・ラウ(Joseph Lau)氏が、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ジョゼフィーンのブルームーン(Blue Moon of Josephine)」を史上最高値の4840万ドル(約53億3000万円)で落札。「オッペンハイマー・ブルー」は、これを上回る価格で落札される可能性があるとされしていた。AFP

元所有者の故フィリップ・オッペンハイマー卿

デビアスのダイヤモンドシンジケートを支配した男。1911年10月29日イギリス生まれ。馬とダイヤを愛した男。英競馬の大レースの一つ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスはずっとデビアスがスポンサーでした。

ダイヤモンドの世界は奥が深いですね。

このページの先頭へ