三井住友銀行は、AI(人口知能)で顧客の投資パターンを分析して金融商品を提案

三井住友銀行は、AI(人工知能)を使って、顧客ごとに金融商品を提案する方向に向けて、分析をスタート。NTTデータと提携。

資産運用をAIが行うのは、投資銀行・ヘッジファンドなどですでに行われており、別段、新しいことではありません。今回のも脳科学を活用ということですが、従来からのマーケティングにコンピューターを活用しようという路線のまま。


営業効率向上にAIを活用:三井住友銀行

顧客の投資行動パターンを分析して、最適な金融商品を提供するという今回の試み。どちらかというと顧客に儲けさせるというよりも、営業分野の手助けという要素が強そう。

これまで取り扱ってきた住宅ローンや投資信託などの金融商品は、新商品が出るたびに顧客にパンフレットを配るなどして勧めてきた。三井住友銀は、今回の研究が実用化できれば、AIを使って顧客一人一人の関心が高い投資分野を事前に絞った上で提案ができるようになり、効率性が格段に上がるという。産経新聞

顧客のこれまでの投資・金融商品購入データやアンケート回答から、おすすめの金融商品を提案する形が第一歩なんでしょうね。でも、これでは、顧客が本当に求める資産運用でお金を増やすという目的には合致しません。

AIによるマーケティングという要素が前面に出ている気がします。

<現在想定している応用範囲例>

・お客さまの潜在ニーズを把握し、お客さま毎に最適な商品・サービスを提供

・資産運用を始められるお客さまへ安心かつ快適にご利用頂ける助言サービス等

三井住友銀行のプレスリリース

脳科学技術を金融分野への応用ということで、大きなタイトルになっていますが、三井住友銀行のプレスリリースを見ても上記の通り。

実際、提供する商品が多すぎて、銀行員たちは資産運用のむずかしさや本質を掴んでいないことを感じることは多い。その点を考えれば、AI君でも構わないと思いますしね。

そうなると、銀行のセールス担当が失職していく方向へとAIを活用することになるのかもしれません。

国立情報学研究所(NII)の新井紀子教授は、窓口業務について、すぐにAI代替するのは難しく、半沢直樹のような与信管理を行うホワイトカラーこそAIの進化で失職していくのではないかと指摘。

これに対して、窓口業務はソリューションを提供する仕事で、ロボットでは難しいと新井氏は強調する。ビジネス+IT

このページの先頭へ