2020年8・9月のマネー誌は、コロナ後の企業・株・不動産に注目

新型コロナの影響が、本格的に、経済に数字として出てくるため、2020年8・9月は、それに関連した内容が多くなっています。マネー誌の特集から、今後の市場を確認していきましょう。

2020年8・9月のマネー誌特集

週刊ダイヤモンド:2020年8月29日号

メインタイトル:狂乱決算 「7割経済」の衝撃

【Part 1】自動車解体
商社、日本電産、ファンドが虎視眈々! 自動車部品の「身売り」が続出

【Part 2】「7割経済」の衝撃
事業縮小どころか「完全手仕舞い」の恐れ 三菱スペースジェットの窮地
ANA、日産に続く「第3の候補企業」 公的救済スキームの「秘策」
外食業界で活発化する新陳代謝 「破壊者」最右翼はゼンショー

【Part 3】脱落する企業 浮上する企業
コロナ耐久力で2560社をランキング 総合ワースト50社の「実名」

週刊ダイヤモンド

他にも、三菱自動車の日産出資計画が頓挫し、三菱グループによる統治の話など。

週刊エコノミスト

コロナ激変 不動産
第1部 需給編
14 ベンチャーがオフィス撤退 「渋谷にいる必要はない」 ■市川 明代

17 オフィス 2025年まで大量供給 都心プロジェクトマップ ■編集部

20 25年オフィス市況 AIが衝撃予測 「東京・港区の賃料は23%下落」 ■編集部

23 シェアオフィス 渋谷区で空室率3割 新興企業の需要急減 ■桑子 かつ代

24 コロナ直撃 開業ラッシュホテルは「開業は未定」の悲鳴 ■斎藤 信世

26 インタビュー 元谷外志雄 アパグループ代表 「コロナ禍でも予定通り開業する」

週刊エコノミスト

都心のオフィス供給は増えるのに、空室率はアップと短期的なオフィス需要に危機感を抱く誌面。

一方、世界各地でアベノミクス政策が実行されていることで、不動産にマネーが入っているという点は、不動産業界のプラス点。

物流施設セクターは、日米でコロナ前の水準を上回るレベル。

ダイヤモンド・ザイ

相場の見通しも!「最強日本株」夏の陣!
・日経平均の先読み&勝ち戦略
・5万円株/高配当株/大出世株ほか
・桐谷のイチオシ株主優待
●アーリーリタイアを実践した13人の生の声!
・現役時の資金計画やリタイア後の収支を徹底取材!
●速報!最新決算で買える株

ダイヤモンド・ザイ

ネット証券のアナリストは、短期の日経平均の相場予想を狭い範囲での中立と予想。

 

このページの先頭へ