将来の生活保障と生活設計についての調査データ:皆は老後のお金をどう考えている?

デフレスパイラルが深刻化し、将来への不安が増してきています。生涯、一つの企業に勤めて家を買って退職金と年金で安泰というライフプランを描けなくなっています。

生活設計(ライフプラン)やマネープランを立てるためのデータをご紹介します。

データは、生命保険文化センターの平成22年度生活保障に関する調査が出典です。

生活設計の調査データ

生活やお金のプランを立てている人は、約4割です。平成10年~平成22年の変化は面白いですね。一時的に生活設計を考える人が減ったようなデータです。

●生活設計の有無

生活設計あり 生活設計なし わからない
平成22年 40.1 53.7 6.2
平成19年 33.6 57.9 8.5
平成16年 30.3 60.4 9.4
平成13年 31.8 59.9 8.3
平成10年 39.7 55.1 5.2

では、生活設計を立てていない理由を見てみましょう。イメージできる内容です。

●生活設計を立てていない理由

生活設計を立てない理由 割合(%)
将来の見通しを立てにくいから 31.0
経済的余裕がないから 29.9
将来より現在の生活が大切だから 15.2
なんとか暮らしていけるから 14.7
家族それぞれが考えることだから 3.6
その他 3.0
わからない 2.7

将来や老後に対しての不安

将来や老後に対しての不安についてのデータです。

●不安に対ししての意識

不安意識 非常に不安 不安 少し不安 不安なし 分からない
怪我や病気に対しての不安 24.1 34.1 31.1 10.1 0.6
老後生活に対しての不安 26.0 28.8 31.0 11.5 2.7
死亡時の遺族の生活に対しての不安 17.2 23.0 28.8 27.0 4.6
自分の介護に対する不安 41.6 30.3 17.9 6.9 3.3

多くの人は、何らかの不安を持っています。怪我や病気・老後・介護などの不安感が強い事が分かります。

●公的保障に対しての考え方

公的保障に対しての考え方 まかなえると思う まあそう思う 分からない あまりそう思わない まったくそう思わない
公的医療保険 5.6 30.0 4.1 39.5 20.9
公的年金 2.6 12.5 3.6 38.1 43.3
公的死亡保障 3.0 15.7 10.1 32.8 38.4
公的介護保険 1.4 5.3 9.1 35.2 49.0

多くの方が、国が用意している公的な保障関連では、死亡・病気・怪我・介護を賄えないと考えています。

●公的以外の私的準備の状況

私的準備状況 準備している 準備していない わからない
医療保険 82.2 15.9 1.9
老後保障 61.2 36.2 2.7
死亡保障 70.5 26.5 3.0
介護保障 41.0 55.3 3.6

医療・老後・死亡の保障についての準備が高く、介護の保障が低くなっています。これは、介護の問題が他の問題より後になって出てきたからでしょう。

入院にかかるお金のデータ生命保険についてのデータは、保険カテゴリでご紹介しています。

老後不安と保障のデータに続きます。

このページの先頭へ