「お金の注意」の記事一覧

お金の貸し借りには時効がある:継続するためには二つの方法がある

お金を貸す・借りるにおいて、問題となるのが「時効」です。貸し借りや相続などお金についての時効を覚えておきましょう。

お金についての主な時効(消滅時効)

貸し借りや代金の支払い

・個人間の借金:10年
・銀行や消費者金融などの借金:5年
・商品の売掛金や塾・習い事の月謝:2年
・タクシー料・飲食代金のツケ・ホテルなどの宿泊代金:1年


金融機関の営業マンを信用できない4つの理由をお知らせ!

銀行・証券・FXなど資産運用や投資では、営業マンに騙された・説明してもらえなかった・元本保証だと思ったら損をした。などとトラブルや苦情についての話を聞くことがあると思います。

なぜ、このような事が起きるのでしょうか?その理由を4つにまとめてみました。

営業マンが信用できない4つの理由

1.営業マンはセールスマンでお金を運用(増やす)人ではない。

まず、顧客に金融商品を売る人はセールスマンや販売員預かったお金を増やす人ではありません。
ほとんどの金融機関でセールスマンの販売成績は、預かったお金を増やして報酬をもらうのではなく、販売した金額で成績や報酬が決まります。

ということは、営業マンはお金を増やすことを学ぶより、どうすれば売れるかという売り込みテクニックの上達に力を入れることになります。


このページの先頭へ