「住宅(マイホーム)費用」の記事一覧

高齢者は賃貸住宅を借りられないという話は本当?

家を買う方が有利なのか賃貸の方が有利なのかという疑問については、その人の生き方も絡んできます。

ただ、住宅購入を検討している理由に「歳をとったら賃貸住宅を借りられなくなるから」という意見があることをご存じの方も多いと思います。

これは事実なのでしょうか?

高齢者は賃貸住宅を借りにくい

確かに、現在は、この意見が正しい状態です。

高齢者のみの世帯だと

  • 収入が年金のみで家賃滞納の心配がある。
  • 住宅内で事故や病気が発生して住宅価値が減少するリスクがある。
  • 手続きや意志疎通に問題が生じないか心配になる

などという理由で特に人気物件は借り難いことがあるでしょう。

また、物件によっては段差が大きい、トイレや風呂など水回りが高齢者に優しくないなどバリアフリー対応がなされておらず住みにくいということもあります。

高齢者が住みやすいサポート制度

そこで、様々なサポート体制が国や地方公共団体で組まれています。

高齢者向け優良賃貸住宅:高齢者向けに配慮された賃貸住宅でバリアフリー化され、急病や事故の際には生活援助員を派遣する緊急時対応サービスが付加されています。自治体により異なるものの家賃補助があります。

高齢者円滑入居賃貸住宅:高齢者の入居を拒まない賃貸住宅が登録されている制度です。バリアフリー化されていない物件も含まれます。

上記2つは平成23年から「サービス付き高齢者向け住宅」に一本化されました。

高齢者家賃債務保証制度:60歳以上の高齢者の家賃・原状回復費用や損害賠償責務を保証します。家賃の35%の保証料をし払えば家賃を滞納した場合に6か月までの家賃が保証されます。


新築住宅VS中古住宅:必要なお金についての調査結果

新築住宅と中古住宅の違いについて、立地や設備での新築住宅vs中古住宅の違いに続いてお金面でのちがいを見ておきましょう

お金(価格)の違い

新築と中古の物件価格は、基本的には中古の方が安くなります。しかし、購入時の税金や諸費用は新築の方が安いことが多く、政府の補助や優遇処置も新築の方が有利です。

また、中古物件は、リフォームの必要があることも多くその分の費用もかかってきます。

中古住宅とお金新築住宅とお金

もちろん、物件の立地等によっては、中古で新築以上に高いもの。新築で売りだされた時より値上がりしている物件もあります。不動産投資と東証住宅価格指数について


新築住宅VS中古住宅:どちらがお得かその違いを知る

新築住宅と中古住宅のどちらを買えばいいのか悩みますね。新築・中古ともそれぞれ長所と欠点がありますので、そのちがいを確認して決めましょう。

新築と中古のお金の違いも合わせてご確認ください。

新築住宅vs中古住宅の違い

新築と中古の違いについて項目ごとに見ていきます。

立地

新築・中古とも立地が重要なことは言うまでもありません。特に中古物件の価格は、立地に大きく影響されます。

新築マンションの場合、同じ市域であれば価格差に大きな違いがないこともあります。ところが、中古物件になると細かい立地差で大きく価格が違うことがあります。

マンション選びの立地についての記事

立地上の有利な条件

良いイメージの地域、駅が近い、病院が近い、スーパーが近い、コンビニが近い、日当たりが良い、前の道が広い、交通量が少ない、静か、緑が多い、バス停が近い、治安が良い、道が平坦、景色が良い、学校や幼稚園が近い、書店やレンタル店の有無など


スマートハウスとは:省エネ・エコで電気代にかかるお金が安くなる!

2011年から、住宅メーカーが一押しする住宅がスマートハウスです。スマートとは「賢い」という意味ですから、スマートフォンの賢いと同じ意味です。

スマートハウスがどう賢いかは、IT(情報技術)を使った省エネ住宅です。つまり、太陽光発電や蓄電池の活用・家電や住宅危機を組み合わせて、省エネルギーとエコロジーな住宅を作ろうということです。

スマートハウスからスマートシティへ

東日本大震災以降、エネルギー問題への関心と太陽光発電などの自家発電が注目されている日本。

そこで、省エネ・エコな住宅のスマートハウスを増やし、スマートハウスが集まり相互に結びつくスマートシティを作る構想ができつつあります。

家一軒だけではなく、家庭用のエネルギー管理システム(HEMS)を都市単位にまで拡大していくことで、都市・そして日本全体のエネルギー効率を良くすることを狙っています。


このページの先頭へ