お金の貸し借りには時効がある:継続するためには二つの方法がある

お金を貸す・借りるにおいて、問題となるのが「時効」です。貸し借りや相続などお金についての時効を覚えておきましょう。

お金についての主な時効(消滅時効)

貸し借りや代金の支払い

・個人間の借金:10年
・銀行や消費者金融などの借金:5年
・商品の売掛金や塾・習い事の月謝:2年
・タクシー料・飲食代金のツケ・ホテルなどの宿泊代金:1年

労働・給与関係

・給料や残業代:2年
・退職金の請求権:5年

不法行為などに関する請求

・交通事故・不倫や傷害など不法行為の賠償や慰謝料

知った時点から:3年
または不法行為時点から:20年

相続の時効

・相続放棄や限定承認が認められる期間:3ヶ月
・最低限もらえるはずの遺留分の請求:1年

住宅に関する時効

・新築住宅の柱など構造上、主要な部分の時効:10年
・新築住宅の他の部分:瑕疵を知ってから原則1年

権利を得られる時効や期限(取得時効)

所有権のない土地を占有した場合の時効について

■善意(自分の土地だと思っていた場合)は10年の占有の継続で権利が与えられます。
■悪意(他人の土地だと知っていた場合)は20年の占有の継続で権利が与えられます。

取得時効について:出典は丹羽事務所

お金の時効を中断

お金の時効は年月が経過しさえすれば成立するかというとそうではありません。

以下の二つにより時効は中断となり、また、一から時効をカウントすることになります。

●債権者が裁判などの活動によって権利を行使した場合。
●債務者が、「お金を借りている」ということを認めた場合。

貸し主としては、全額返済にいたらなくても一部でも返済をしてもらう・借した事を文書やメール・録音などで証拠として残しておくなどが必要です。

時効が成立する場合

では、時効が成立する時は、どんな時でしょうか?

●債権者が、請求行為(督促)を一切、行わず、その上、債務者も全く支払わなかった場合。債務者が時効を主張して、時効が成立します。

参考:債務の消滅時効と時効中断の方法

参考:刑事事件含む様々な時効の期間:行政書士高田事務所

お金の時効と信頼関係

法的には、上記のように、お金の時効は存在します。しかし、お金の時効を主張して成功した場合には、社会的・個人的信用・信頼を失う可能性があることを心得て行動してください。

友人にお金を借りたものの双方忘れていて10年以上経過していたところ、ひょんな折に、貸主が思い出して返してくれるように要求したとしましょう。

法的には、時効が成立していますので、お金を返す法的な義務はありません。あとは、お互いの信頼関係やモラルをどう考えるかです。

あなたはこのお金を返しますか?それとも時効が成立しているとして返しませんか?

このページの先頭へ