奨学金の活用:返済の必要がない給付型と貸与型

子供の教育費は、生活にかかるお金の中でもかなり大きな金額を占めます。

一人の子供を育てるのにかかるお金は教育費(相場の目安)だけでも600万円~2000万円になります。お金をかけようと思えば上限にはきりがありません。

教育費以外にも生活費や趣味やレジャー・特別な教育などでもお金はかかりますね。

奨学金の活用

そこで、親としてできるだけ最高の教育を受けさせてあげたいと願う気持ちを助ける奨学金制度の一端をご紹介します。

貰うには、条件がありますので、進学を希望する全員が貰えるとは限りませんが、お金が足りなくて進学できない・勉強をする時間がない方には助けになる制度です。

入試とお金

奨学金の制度と分類

奨学金といっても様々な制度がありますので分類をしておきます。

公的制度と民間制度

●公的な奨学金:国や地方自治体なが運営する公的な奨学金で代表的な制度が「日本学生支援機構奨学金」です。

●民間の奨学金:学校独自の奨学金・企業や篤志家が運営する民間の奨学金です。

貸与型と給付型

●給付型:卒業後の返済が不要!

●貸与型:卒業後に返済が必要!

もちろん、卒業後の返済が不要な給付型で貰いたいのですが、それでは奨学金の原資が底をついてしまいますので、給付型がほとんどだと考えておきましょう。

給付型だと教育ローンに近い形になりますが、学生を対象にしているか親を対象にしているかが大きな違いです。

給付型は社会に有為な人材を育てることを目的として、少数の人に対して厳しい条件のもとに付与されます。


奨学金の利子

●無利子型:借りたお金に利子がつかない

●有利子型:借りたお金に利子がつく

当然、これも無利子型の方がお金を借りる方にはありがたいですね。その分、無利子型の方が受け取るための条件が厳しくなっています。

現在の日本は金利が低く、比較的お金を借りやすい状況です。

中学や高校の授業で「お金」の事を話しません。社会人になってから利子や複利の話を知るのは遅いと思いますので、もし奨学金を受け取ることを検討しているのならば「金利」や「複利」のことを知っておきましょう。

お金を学ぶ

奨学金の保証制度

受け取るお金は、ほとんどが貸与型で卒業後の返済が必要になります。

災害・事故・病気・死亡など、不慮の事態で返済できない場合は、猶予や免除の制度があります。

しかし、借りっぱなしで返さない人が出てくると奨学金という制度自体が成り立ちませんので貸与型の奨学金では、保証人を求められ、下記の2つの方法があります。

●人的保証:保護者が連帯保証、4親等以内の親族が保証する。
●機関保証:連帯保証人、保証人ではなく関連保証機関が保証する。奨学生が保証料を払う

もし、奨学生が返済できない場合には、保証人や保証機関が責任を持つことになります。

奨学生が自己破産などをすると保証人が返すことになりますが、元々、裕福でお金がないからこそ奨学金を受け取っていることを考えると、親子もしくは親族揃ってお金に困ることになりかねません。

そのため、保証人になる人に万一の余力がある場合は人的保証、余力がない場合は機関保証を選ぶのが良いでしょう。

奨学金に関するお役立ちサイト

様々な制度や小さいながらもしっかりと学生本位で運営している制度など、奨学金についての情報を集めたい方に有用なウェブサイトです。

日本学生支援機構:独立行政法人でかつての日本育英会です。

奨学金なるほど相談所:久米忠志氏のサイト

・奨学金ガイド:大学別・奨学金一覧

奨学金ガイド:専門学校別一覧

NAVERまとめ給付型の奨学金:返済の必要がない奨学金のまとめです。

米国の大学教育:広瀬隆雄氏の米国における教育ローンのコラム

このページの先頭へ